測量事業

国土地理院東北地方測量部では、基準点の整備・維持管理、基本図の整備・更新等の基本測量を実施しています。


基準点の整備・維持管理

GPS測量作業風景写真

GPS測量による四等三角点の設置作業

基準点とは、地球上の位置や海面からの高さが正確に測定された電子基準点、三角点、水準点等をいい、地図作成や各種の測量の基準となるものです。

東北地方測量部では、これらの基準点の維持管理を行っています。

基準点の移転請求についてはこちら

地磁気の観測

地形図を標定(南北に合わせること)するためには、一般的に磁針(コンパス)が使われますが、この磁針の示す方向を決めている地球の磁場(地磁気)の分布を測定する 地磁気測量は、1948年(昭和23年)から国土地理院によって行われています。 東北地方測量部管内では、水沢測地観測所と江刺観測場において地磁気の観測が行われています。 

 地磁気測量の詳細についてはこちら

潮位の観測

海水面の昇降(潮位変化)の観測を験潮といい、験潮を行う観測施設を験潮場といいます。  
東北地方測量部管内には、5箇所に験潮場があります。

験潮の詳細についてはころら

基本図の整備、更新

国土を管理する上で、また、様々な社会経済活動が営まれる上で、国土の現状を正確に把握した地図は不可欠です。国土地理院は、日々、地形や地物の変化を把握し、その情報を基本図等に表現し提供しています。官民で作成されている様々な地図にも利用されています。 東北地方測量部では、おもに電子国土基本図(地図情報)の整備・管理・更新を行っています。 

基本情報調査

基本情報調査とは、国土に関する最新の基本的な地理情報(道路・鉄道・公共施設・地名等)を常時、調査・収集・管理するものです。収集された地理情報はデ-タベ-ス化して管理され、基本図の更新に利用されるほか、全国都道府県市区町村別面積調地理に関する情報などとして公開しています。 東北地方測量部では、国・地方公共団体等と連携を密にしながら基本情報調査を実施しています。

 

災害時の緊急対応

国土地理院は、全国に配備された電子基準点での連続観測により、日本列島の地殻変動を監視しています。また、地震・火山噴火等により大規模な災害が発生した場合には、被災情報の収集や災害復旧・復興のための緊急測量を実施します。
平成23年東北地方太平洋沖地震の際には、電子基準点での連続観測により宮城県牡鹿半島で水平方向に最大約5.3m、上下方向で約1.2mの地殻変動が捉えられました。

国土地理院の防災業務はこちらから