日本列島の地殻変動

電子基準点がとらえた日本列島の地殻変動について

日本列島の地殻変動

 国土地理院では、各種測量の基準点として利用するとともに、地震調査研究や火山噴火予知研究に必要な広域の地殻変動を監視するため、全国に約20km間隔で約1,300点の電子基準点を設置しています。
 電子基準点で観測した衛星測位システム(GNSS)のデータを解析すると、観測時点に電子基準点が地球上のどこにあったか、正確な位置がわかります。その変化を調べることで、日本全土で進行している地殻変動をとらえることができます。

地殻変動に関する報道発表等

インフォメーション

  • お知らせ 更新情報など(2022年6月1日更新)
  • よくある質問と回答
  • お問い合わせ 当ページに関するご質問はこちらからお願いします。
  • 修正履歴 過去の地殻変動資料の修正履歴はこちらからご覧ください。(2022年7月1日更新)
  • 注意事項 過去の地殻変動資料の注意事項はこちらからご覧ください。(2022年1月5日更新)

地殻変動を観測した地震(地殻変動カタログ)

地殻変動情報表示サイト

  • 本サイトでは、直近の過去10年間、5年間、1年間および1ヶ月間の地殻変動を地図やグラフに表示したり、そのデータをダウンロードできます。
  • 地殻変動情報表示サイトのご利用上の注意をご確認の上ご利用ください。

地殻変動情報画像
  • 上の画像をクリックすると「地殻変動情報表示サイト」に移動します。
1997年4月以降の地殻変動

 1997年4月以降に各電子基準点が水平方向にどれだけ動いたかを、半年毎に、矢印で示しています。いずれも九州地方の固定局(☆)の上に立って日本列島を眺めた時の相対的な変動です。地震・火山活動に伴う変動、大きな地震後に続く余効変動、海洋プレートの沈み込みに伴う定常的な変動が見られます。

1997年4月~2022年4月の地殻変動(水平)[ MP4形式:18.3MB ]

電子基準点が捉えた日本列島の地殻変動

1996年4月から1999年12月の地殻変動、平成23年東北地方太平洋沖地震の地殻変動

観測された地殻変動を4分割してアニメーションで表現しています。その時間変化は正確ではありませんのでご注意ください。なお、今後更新の予定はありません。

関連リンク