電子国土基本図

電子国土基本図とは

 国土地理院では、我が国の国土の現況を統一した規格で表し、様々な地図の基礎となる地図(基本図)を整備しています。
 平成21年度からは、紙媒体の2万5千分1地形図からデジタルデータを中心とした基本図体系に移行し、デジタル形式の基本図「電子国土基本図」の整備を行っています。

 電子国土基本図には、地図情報、オルソ画像、地名情報の3種類の情報があります。

電子国土基本図(地図情報)について

 道路、建物などの電子地形図上の位置の基準である項目(基盤地図情報の項目)と植生、崖、岩、構造物などの土地の状況を表す項目などの土地の状況を表す項目を一つにまとめた、我が国の基本的な地図情報です。



→ 地図情報の詳細はこちらをご覧ください

電子国土基本図(オルソ画像)について

 空中写真をゆがみのない画像に変換し正しい位置情報を付与することで、様々な地理空間情報と重ね合わせることができるようにした画像情報です。



→ オルソ画像の詳細はこちらをご覧ください


電子国土基本図(地名情報)について

 地域や場所の名称を表す地名(居住地名や自然地名など)について、位置情報を付与し、地理空間情報を利活用する上で検索の鍵として使えるようにした情報です。



→ 地名情報の詳細はこちらをご覧ください



刊行物・提供物

 【地図情報】
       ウェブ形式 : 地理院地図(標準地図、淡色地図)
       ベクトル形式 : 数値地図(国土基本情報 基盤地図情報  数値地図(国土基本情報20万
       ラスタ形式 : 電子地形図25000  電子地形図20
       印刷図 : 2万5千分1地形図

 【オルソ画像】
       ウェブ形式 : 地理院地図(電子国土基本図(オルソ画像))
       デジタル形式 : 空中写真 正射画像データ
       出力印画 : 正射出力印画

 【地名情報】
       デジタル形式 : 数値地図(国土基本情報) 住居表示住所  
       その他、地理院地図の地名検索データとしても活用