最終更新日:2021年5月10日

電子国土基本図(地図情報)

電子国土基本図(地図情報)とは

 道路、建物などの電子地図上の位置の基準となる項目(基盤地図情報の取得項目)と、植生、崖、岩、構造物などの土地の状況を表す項目とを一つにまとめた、我が国全域をカバーするベクトル形式の地図情報です。都市域では縮尺2500分1相当以上、その他の地域では縮尺25000分1相当以上の位置精度で整備しています。また、それらの情報をもとに小縮尺地図の整備も行っています。
 電子国土基本図(地図情報)は、共通に使える白地図として、ハザードマップや各種地図のもととなる情報として広く使われています。



地図情報の更新

 地図情報の更新は、以下の方法を組み合わせ効率的に行っています。 (※更新の考え方 [PDF形式:141KB]
  • 最新の法定図書(例.都市計画図)や空中写真等を用いて、まとまったエリアの更新を行う方法(面的更新)
  • 道路や大規模建築物などの主要な項目に新たな変化が生じた場合に、公共測量成果や国及び地方公共団体などから資料収集を行い、当該項目を迅速に更新する方法(迅速更新)
迅速更新及び面的更新の例



 【迅速更新・面的更新の実施状況】
  地理院地図で見る(迅速更新 / 面的更新
  リストで見る( 電子地形図25000の更新情報 | 数値地図(国土基本情報)の更新情報

地図情報から作られる刊行物・提供物

以下に示す形で提供を行っています。

  ウェブ地図 : 地理院地図(標準地図、淡色地図) 
  ベクトル形式 : 数値地図(国土基本情報) 基盤地図情報 数値地図(国土基本情報20万
  ラスタ形式 : 電子地形図25000  電子地形図20万
  印刷図 : 2万5千分1地形図



お問い合わせ

 電子国土基本図(地図情報)に関するお問合せは、「お問合せフォーム」からお願いします。