文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 地理地殻活動研究センター  > 宇宙測地研究室 最終更新日:2019年6月19日

宇宙測地研究室

研究室から

宇宙測地研究室は、地球の姿とその変化を、宇宙測地技術を活用して正確に観測する技術の開発や監視する基準系の構築について研究し、地球の形が変化する仕組みの解明に取り組んでいます。

トピックス

  • American Geophysical Union fall meeting 2018 (AGU 2018) (2018年12月)
    • Development of Rapid and Accurate GNSS Routine Analysis System of GEONET Data by PPP-AR [要旨(PDF)]
    • Interannual crustal load deformations induced by non-tidal oceanic mass variations around Japan [要旨(PDF)]
  • 測地学会第130回講演会 (2018年10月)
    • 「地球規模の測地基準座標系(GGRF)」の強化に向けた国連の活動 [要旨(PDF)]
    • 迅速・高精度なGNSS定常解析システムの構築に関する研究 [要旨(PDF)]
    • 次期測地基準座標系の構築に向けた地殻変動モデルの検討 [要旨(PDF)]
  • International Symposium "Gravity, Geoid and Height Systems 2018" (GGHS 2018)(2018年9月)
    • The current status and future plans of height reference system in Japan [要旨(PDF)]
  • International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2018 (IGARSS 2018)(2018年7月)
    • Coseismic Surface Deformations of Global Large Earthquakes in 2014-2016 Detected by ALOS-2 InSAR [要旨(LINK)]
  • 日本地球惑星科学連合2018年大会 (2018年5月)
    • 全球統合測地観測システム(GGOS)ワーキンググループの5年間[要旨(PDF)]
    • 迅速・高精度なGNSS定常解析システムの構築に関する研究(1)[要旨(PDF)]
    • 世界の大地震(2014-2016年)のALOS-2 SAR干渉画像カタログ[要旨(PDF)]
  • FIG Congress 2018 (2018年5月)
    • Geodetic Reference Frame of Japan as Basic Infrastructure Enabling Us Precise GNSS Positioning Improvement of GNSS [要旨(PDF)]
    • Improvement of GNSS Positioning Accuracy Under Urban Environment by Multipath Mitigation Methodshods [要旨(PDF)]


研究者紹介 (令和元年度)

  • 研究室長: 宮原 伐折羅
  • 主任研究官: 中川 弘之
  • 主任研究官: 小門 研亮
  • 主任研究官: 森下 遊
  • 研究官: 松尾 功二

国土地理院特別研究費による研究テーマ (令和元年度)



国土地理院一般研究費によるテーマ (令和元年度)

  • 将来の測地基準系の保持手法に関する研究
  • ジオイドと重力場の時間変動抽出と機構解明に関する研究
  • 衛星高度計を用いた海面形状の高精度決定に関する研究
  • 小型GNSS測量機による測位精度の向上に関する研究
  • 解析手法の異なるGNSS測位解の整合性に関する研究
  • SARデータの解析手法の高度化に関する研究


その他の研究費による研究テーマ (令和元年度)

  • 地球重力場のウェーブレットによるモデル化ソフトウェアの開発と利用に関する2番目の適用取り決め(共同研究:IPGP.IGN)
    (平成22年度~31年度)
  • ミリ波で観る地球-高精度水蒸気モニターで切り拓く次世代自然ハザード精密予測 (文部科学省科学研究費補助金)
    (平成30年度~33年度)
  • 人工衛星の軌道の揺らぎから紐解く地球の質量分布の時空間的な変動 (文部科学省科学研究費補助金)
    (平成30年度~33年度)


主な論文・報文

  • 藤原智, 森下遊, 中埜貴元, 三浦優司, 撹上泰亮, 村松弘規, 宇根寛(2018): ALOS-2のSARによって捉えられた2016年の大雨による釧路湿原の2.5m を超える地表変位, 地学雑誌(印刷中)
  • Munekane, H. (2018): A GNSS Kinematic Analysis System for Japanese GEONET, J. Disaster Res.,DOI: 10.20965/jdr.2018.p0433.
  • 宗包浩志 (2018): キネマティックGNSS時系列に含まれる微小信号の抽出, 測地学会誌,vol.64, 1-11.
  • 宮崎隆幸 (2018): MCMC法による地震後変動モデルの推定手法の開発,測地学会誌,vol.63, 171-185.
  • 川元智司 (2018): GNSSのGGOSへの貢献と今後の展望,測地学会誌,vol.63, 81-94.
  • 宗包浩志 (2017): 電子基準点精密単独測位キネマティック解析プロトタイプシステムの構築, 国土地理院時報, 129. [→PDFファイル/1.62MB]
  • 松尾功二 (2017): 新しい標高体系の構築に向けた精密重力ジオイドの開発,平成29年度国土交通省国土技術研究会論文集,277-282.
  • Kawamoto, S., Y. Ohta, Y. Hiyama, M. Todoriki, T. Nishimura, T. Furuya, Y. Sato, T. Yahagi, K. Miyagawa (2017): REGARD: A new GNSS-based real-time finite fault modeling system for GEONET, J. Geophys. Res., DOI:10.1002/2016JB013485. [→LINK]
  • Kawamoto, S., Y. Hiyama, Y. Ohta, and T. Nishimura (2016): First result from the GEONET real-time analysis system (REGARD): the case of the 2016 Kumamoto earthquakes, Earth, Planets and Space, 68:190, DOI:10.1186/s40623-016-0564-4. [→LINK]
  • 宮原伐折羅, 松尾功二, 黒石裕樹, 宗包浩志 (2016): 光格子時計の測地学への活用における展望, 光学, 4巻7号, 264-267.
  • Takano, T., M. Takamoto, I. Ushijima, N. Ohmae, T. Akatsuka, A. Yamaguchi, Y. Kuroishi, H. Munekane, B. Miyahara, and H. Katori (2016): Geopotential measurements with synchronously linked optical lattice clocks, Nature Photonics, 662-666, doi:10.1038/nphoton.2016.159. [→LINK]
  • 川元智司, 檜山洋平, 古屋智秋, 佐藤雄大, 太田雄策, 西村卓也, 等々力賢 (2016): 電子基準点リアルタイム解析システム(REGARD)プロトタイプの開発, 国土地理院時報, 128. [→PDFファイル/2.14MB]
  • Kawamoto, S., B. Miyahara, Y. Ohta, T. Nishimura, M. Todoriki (2016): Real-Time GNSS Positioning System REGARD for Rapid Earthquake Moment Estimates, proceedings of FIG Working Week 2016. [→PDFファイル/1.73MB]
  • Matsuo, K., T. Miyazaki, B. Miyahara, Y. Kuroishi (2016): Development of a New Gravitational Geoid Model for Japan, proceedings of FIG Working Week 2016. [→PDFファイル/1.10MB]
  • Munekane, H., J. Oikawa, and T. Kobayashi (2016): Mechanisms of step-like tilt changes and very long period seismic signals during the 2000 Miyakejima eruption: Insights from Kinematic GPS, J. Geophys. Res., doi:10.1002/2016JB012795. [→LINK]
  • Tobita, M. (2016): Combined logarithmic and exponential function model for fitting postseismic GNSS time series after 2011 Tohoku-Oki earthquake, Earth Planets and Space, 68:41, doi:10.1186/s40623-016-0422-4. [→LINK]
  • Kawamoto, S., Miyagawa, K., Yahagi, T., Todoriki, M., Nishimura, T., Ohta, Y., Hino, R., Miura, S. (2015): Development and Assessment of Real-Time Fault Model Estimation Routines in the GEONET Real-Time Processing System, International Association of Geodesy Symposia 2015, Springer, doi:10.1007/1345_2015_49.


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ