文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 地理地殻活動研究センター  > 地殻変動研究室  > 地殻変動研究室 過去のトピックス  > 2010年2月27日チリ中部沿岸の地震に伴う地殻変動  > ALOS/PALSAR 観測モード  

ALOS/PALSAR 観測モード

ScanSARについて

作成:2010年3月12日 更新:2010年3月12日

ScanSARの特徴

画像:ScanSARの特徴


長所:東西350kmを1回の観測で把握可能。より早く地殻変動の把握が可能。
短所:分解能が劣る。干渉性が劣る。大規模な地殻変動に弱い。

このページの内容・画像を引用・転載される方へ

リンク・引用・転載は自由ですが、出典を明記してください。引用・転載の場合には、事後速やかに、引用先・転載先をお知らせください。

問い合せ先

地殻変動研究室 担当者
 室長   飛田 幹男(TOBITA Mikio)
 研究官  小林 知勝(KOBAYASHI Tomokazu) 029-864-6156

問い合わせ先

ページトップへ