文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 地理地殻活動研究センター  > 地殻変動研究室 最終更新日:2016年5月6日

地殻変動研究室

研究室から

地殻変動研究室は、測量により観測された地殻変動を分析し、地震や火山活動のしくみを解き明かすことで防災の役にたてるとともに、日本列島が今の姿になってきた変動の過程を知るための研究を行っています。

研究者紹介(平成28年度)

  • 研究室長: 矢来 博司
  • 主任研究官: 小沢 慎三郎
  • 主任研究官: 水藤 尚
  • 主任研究官: 小林 知勝
  • 研究官: 森下 遊

歴代在籍者

国土地理院特別研究費による研究テーマ(平成28年度)

  • 地形・地下構造を考慮した地殻変動の分析に関する研究
    (平成28年度~31年度) [研究課題提案書 [PDF: 2.57MB]
  • 干渉SAR時系列解析による国土の地盤変動の時間的推移の面的検出に関する研究
    (平成26年度~30年度) [研究課題提案書 [PDF: 2.17MB]
  • 広域地殻変動データに基づくプレート境界の固着とすべりのモニタリングシステムの開発
    (平成26年度~28年度) [研究課題提案書 [PDF: 1.43MB]

終了課題

国土地理院一般研究費による研究テーマ(平成28年度)

  • 測地データに基づく余効すべりと地震活動に関する研究
  • 地殻変動データに基づく力源モデルによる火山活動の監視手法の開発に関する研究
  • SARデータによる地殻変動解析および地殻変動データに基づく力学的モデリングに関する研究
  • GPSデータを用いた短期的スロースリップイベントの検出に関する研究
  • 余効変動の発生メカニズムに関する研究
  • ひずみ集中帯の地殻変動特性に関する研究
  • 地殻変動計測のための多様な衛星SARデータの利用に関する研究

過去の一般研究テーマ

その他の研究テーマ(平成28年度)

  • 東北地方のひずみ集中帯の地殻変動特性に関する研究(東北大学との共同研究)
  • 陸域観測技術衛星を用いた地理空間情報の整備及び高度利用に関する協定(JAXAとの共同研究)
  • 糸魚川-静岡構造線断層帯の地殻変動特性に関する研究(名古屋大学との共同研究)
  • 津波予測支援のためのGNSSリアルタイム解析に関する研究(東北大学との共同研究)

過去の研究テーマ

主な論文・報文

平成28(2016)年度 NEW!!

(査読あり)
  • Ozawa, S., M. Tobita, and H. Yarai (2016), A possible restart of an interplate slow slip adjacent to the Tokai seismic gap in Japan, Earth Planets Space, 68, 1-14, doi:10.1186/s40623-016-0430-4. [html] [PDF: 6.42MB]
  • Morishita, Y., T. Kobayashi, and H. Yarai (2016), Three-dimensional deformation mapping of a dike intrusion event in Sakurajima in 2015 by exploiting the right- and left-looking ALOS-2 InSAR, Geophysical Research Letters, 43, doi:10.1002/2016GL068293. [html]


平成27(2015)年度

(査読あり)
  • 森下遊(2015),LおよびCバンドSARデータによるPSI結果の比較,測地学会誌61,157-166.
  • Kobayashi, T., Y. Morishita, and H. Yarai (2015), Detailed crustal deformation and fault rupture of the 2015 Gorkha earthquake, Nepal, revealed from ScanSAR-based interferograms of ALOS-2, Earth Planets Space, 67:201, doi:10.1186/s40623-015-0359-z. [html] [PDF: 4.51MB]
  • Tobita M., H. Suito, T. Kobayashi, S. Kawamoto, M. Yamanaka, A. Suzuki, T. Enya, M. Honda, T. Imakiire, A. Luis, A. Pelicano, T. Bacolcol, and T. Ohkura (2015), Continuous GPS Observations in Mindanao, Journal of Disaster Research, 10, 67-73. [html]
  • Morishita, Y., R.F. Hanssen (2015), Deformation parameter estimation in low coherence areas using a multisatellite InSAR approach, IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing53, 4275-4283, doi:10.1109/TGRS.2015.2394394. [html]


平成26(2014)年度 

(査読あり)
  • Morishita, Y., R.F. Hanssen (2015), Temporal decorrelation in L-, C-, and X-band satellite radar interferometry for pasture on drained peat soils,  IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing53, 1096-1104, doi:10.1109/TGRS.2014.2333814. [html]
  • Kobayashi, T. (2014), Remarkable ground uplift and reverse fault ruptures for the 2013 Bohol earthquake (Mw 7.1), Philippines, revealed by SAR pixel offset analysis, Geoscience Letters, 1:7, doi:10.1186/2196-4092-1-7. [html] [PDF: 1.81MB]
(査読なし)
  • 小林知勝・石本正芳・飛田幹男・矢来博司(2014), SAR 干渉解析のための数値気象モデルを用いた大気遅延誤差の低減処理ツールの開発, 国土地理院時報125,31-38. [PDF: 1.77MB]


平成25(2013)年度 

(査読あり)
  • Yarai, H., S. Ozawa(2013), Quasi‐periodic slow slip events in the afterslip area of the 1996 Hyuga‐nada earthquakes, Japan, J. Geophys. Res., 118, 2512-2527. [html] [PDF: 6.99MB]
  • Nishimura,T.,T.Matsuzawa, K. Obara (2013),Detection of short-term slow slip events along the Nankai trough, southwest Japan using GNSS data, J. Geophys. Res., 118, 3112-3125. [html] [PDF: 12.22MB]
  • Ozawa, S., H. Yarai, T. Imakiire, and M. Tobita (2013), Spatial and temporal evolution of the long-term slow slip in the Bungo Channel, Japan, Earth Planets Space, 65, 67-73, doi:10.5047/eps.2012.06.009. [PDF: 3.82MB]
  • Kobayashi, T., (2013), The 2011 Tohoku earthquake and the related disasters observed by InSAR using ALOS/PALSAR: Mainshock, induced inland earthquakes, and Liquefaction, 2013 APSAR proceedings, 540-543. [html]
(査読なし)
  • 西村卓也(2013),北アルプス穂高連峰の隆起に関する測地学的検証~一等三角点穂高岳でのGNSS観測~, 国土地理院時報124,117-123. [PDF: 1.82MB]


平成24(2012)年度 

(査読あり)
  • Kobayashi, T., M. Tobita, M. Koarai, T. Okatani, A. Suzuki, Y. Noguchi, M. Yamanaka, and B. Miyahara (2012), InSAR-derived crustal deformation and fault models of normal faulting earthquake (Mj7.0) in Fukushima-Hamadori area, Earth Planet Space, 64, 1209-1221, 2012. [PDF: 11.30MB]
  • Kobayashi, T., T. Ohminato, Y. Ida, and E. Fujita (2012) Intermittent Inflations Recorded by Broadband Seismometers Prior to Caldera Formation at Miyake-jima Volcano in 2000, Earth Planet. Sci. Lett., 357-358,145-151, doi:10.1016/j.epsl.2012.09.039. [html] 
  • 水藤 尚・西村卓也・小林知勝・小沢慎三郎・飛田幹男・今給黎哲郎, 2011年(平成23年)東北地方太平洋沖地震に伴う地震時および地震後の地殻変動と断層モデル, 地震2, 65,95-121, doi:10.4294/zisin.65.95.
  • Ozawa, S., T. Nishimura, H. Munekane, H. Suito, T. Kobayashi, M. Tobita, and T. Imakiire (2012), Preceding, coseismic, and postseismic slips of the 2011 Tohoku earthquake, Japan, J. Geophys. Res., B07404, doi:10.1029/2011JB009120. [html] [PDF: 5.04MB]
  • 西村卓也・水藤尚・小林知勝・飛田幹男(2012), 新潟—神戸ひずみ集中帯を横断する測地観測による越後平野周辺の地殻変動, 地震264, 211-222.
  • 西村卓也(2012) 測地観測データに基づく東北日本の最近120年間の地殻変動,地質学雑誌, 118, 278-293, doi:10.5575/geosoc.2012.0027.[PDF: 3.82MB]
(査読なし)
  • Kobayashi, T., M. Tobita, A. Suzuki, and Y. Noguchi (2012), InSAR-derived coseismic deformation of the 2010 southeastern Iran earthquake (M6.5) and its relationship with the tectonic background in the south of Lut Block, Bull. Geospatial Info. Auth., 60, 7-17. [PDF: 1.83MB]


平成23(2011)年度

(査読あり)
  • Nishimura, T. (2011), Back-arc spreading of the northern Izu-Ogasawara (Bonin) Islands arc clarified by GPS data, Tectonophysics, 512, 60-67, doi:10.1016/j.tecto.2011.09.022. [html]
  • Suito, H., T. Nishimura, M. Tobita, T. Imakiire, and S. Ozawa (2011), Interplate fault slip along the Japan Trench before the occurrence of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake as inferred from GPS data , Earth Planets Space, 63, 615-619, doi:10.5047/eps.2011.06.053. [PDF: 2.73MB]
  • Kobayashi, T., M. Tobita, T. Nishimura, A. Suzuki, Y. Noguchi, and M. Yamanka (2011), Crustal deformation map for the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake, detected by InSAR analysis combined with GEONET data, Earth Planets Space, 63, 621-625, doi:10.5047/eps.2011.06.043. [PDF: 3.33MB]
  • Nishimura, T., H. Munekane, and H. Yarai (2011), The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake and its aftershocks observed by GEONET, Earth Planets Space, 63, 631-636, doi:10.5047/eps.2011.06.025. [PDF: 2.55MB]
  • 小林知勝・飛田幹男・村上 亮(2011), 局所的大変位を伴う地殻変動計測のためのピクセルオフセット解析, 測地学会誌, 57, 71-81.[PDF: 1.03MB]
  • Ozawa, S., T. Nishimura, H. Suito, T. Kobayashi, M. Tobita, and T. Imakiire (2011), Coseismic and postseismic slip of the 2011 magnitude-9 Tohoku-Oki earthquake, Nature, 475, 373-376, doi:10.1038/nature10227. [html]
  • Tobita, M., T. Nishimura, T. Kobayashi, K.X. Hao, and Y. Shindo (2011), Estimation of coseismic deformation and a fault model of the 2010 Yushu earthquake using PALSAR interferometry data, Earth Planet. Sci. Lett., 307, 430-438, doi:10.1016/j.epsl.2011.05.017. [html]
  • 飛田幹男(2011), 宇宙測地による地球上の位置の測り方・表わし方, 計測と制御, 50, 374-379.
  • 西村卓也(2011), 測地学的データに基づくプレート間相互作用の解明, 測地学会誌, 57, 1-14. [PDF: 2.40MB]
(査読なし)
  • 水藤 尚・西村卓也・小沢慎三郎・小林知勝・飛田幹男・今給黎哲郎・原 慎一郎・矢来博司・矢萩智裕・木村久夫・川元智司(2011), GEONETによる平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う地震時の地殻変動と震源断層モデル, 国土地理院時報122, 29-37. [PDF: 1.31MB]
  • 水藤 尚・西村卓也・小沢慎三郎・飛田幹男・原 慎一郎・矢来博司・矢萩智裕・木村久夫・川元智司(2011), GEONETによる平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に引き続いて発生している余効変動と余効すべりモデル, 国土地理院時報122, 39-46. [PD: 1.33MB]
  • 小林知勝・飛田幹男・小荒井 衛・乙井康成・中埜貴元(2011), 干渉SARのコヒーレンス変化から見る平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に伴う液状化地域, 国土地理院時報122, 143-151. [PDF: 4.27MB]
  • 小林知勝・飛田幹男・鈴木 啓・野口優子(2011), 2010年福島県中通りの地震(M5.7)のSAR干渉解析, 国土地理院時報121, 165-169. [PDF: 3.88MB]
  • 小林知勝・飛田幹男・今給黎哲郎・鈴木 啓・野口優子・石原 操(2011), 「だいち」SAR干渉解析により捉えられた霧島山(新燃岳)の火山活動に伴う地殻変動とその圧力変動源の推定, 国土地理院時報,121, 195-201. [PDF: 7.09MB]

過去の公表成果
地理地殻活動研究センターにおける現行の研究テーマは、
国土地理院研究開発基本計画 [PDF: 421KB] に基づき設定したものです。
地殻変動研究室問い合わせ先

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ