文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 地理地殻活動研究センター  > 宇宙測地研究室 最終更新日:2016年3月22日

宇宙測地研究室

研究室から

宇宙測地研究室は、地球の姿とその変化を、宇宙測地技術を活用して正確に観測する技術の開発や監視する基準系の構築について研究し、地球の形が変化する仕組みの解明に取り組んでいます。

トピックス

  • 測地学会第124回講演会 (2015年10月)
    • 位相残差を用いたGNSSキネマティック解析の誤差低減の試み [要旨 (PDF)]
    • マルチGNSSに対応したRINEX前処理ソフトウェアの開発 [要旨 (PDF)]
    • 日本の精密重力ジオイド・モデルの開発(その1) [要旨 (PDF)]
    • 日本重力基準網2013(JGSN2013)に準拠した日本国内の重力データの作成 [要旨 (PDF)]
    • 地球重心の年々変動とエルニーニョ・南方振動 [要旨 (PDF)]
  • 火山学会2015年度秋季大会 (2015年9月)
    • 三宅島2000年噴火のカルデラ形成期に観測された50秒パルスの力源の再検討(2)--三軸楕円体モデル-- [要旨 (PDF)]
  • The 26th General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG2015) (2015年6-7月)
    • Real-time Earthquake Magnitude Estimation by the GEONET real-time analysis system: REGARD [要旨 (PDF)]
    • Abrupt changes in drift trend of the earth’s geocenter and rotational pole in 2012-2014 [要旨 (PDF)]
  •  日本地球惑星科学連合2015年大会 (2015年5月)
    • GEONETリアルタイム解析システム(REGARD)による地震規模即時推定 [要旨(PDF)]
    • 日本重力基準網2013(JGSN2013)に準拠した日本国内の重力データの作成 [要旨(PDF)]
    • 日本列島の重力変化と上下変位 [要旨(PDF)]
    • 2012-2014 年における地球重心と回転極の移動傾向の急変 [要旨(PDF)]
  • American Geophysical Union fall meeting 2014 (AGU 2014) (2014年12月)
    • Kinematic GPS analysis gives new insights on the origin of the very-long-period seismic signals at Miyake-jima volcano during the caldera formation [要旨 (PDF)][発表資料(PDF)]
    • How GNSS Earth Observation Network System (GEONET) in Japan Contributes to Geohazards Mitigation [要旨 (PDF)]


研究者紹介(平成27年度)

  • 研究室長: 宗包 浩志
  • 主任研究官: 中川 弘之
  • 主任研究官: 川元 智司
  • 研究官: 宮崎 隆幸
  • 研究官: 松尾 功二

国土地理院特別研究費による研究テーマ(平成27年度)

  • 衛星干渉SARによる高度な地盤変動監視のための電離層補正技術に関する研究
    (平成25年度~27年度) [研究課題提案書(PDF)]
  • GNSSによる地殻変動推定における時間分解能向上のための技術開発
    (平成26年度~28年度) [研究課題提案書(PDF)]
  • 精密単独測位型RTK(PPP-RTK)を用いたリアルタイム地殻変動把握技術の開発
    (平成27年度~29年度) [研究課題提案書(PDF)]


国土地理院一般研究費によるテーマ(平成27年度)

  • GNSS解析における対流圏遅延補正に関する研究
  • 広帯域地殻変動把握のためのGNSS解析手法の最適化に関する研究
  • 精密単独測位法の測量への利用可能性に関する研究
  • 地球観測衛星の軌道決定手法の最適化に関する研究
  • リアルタイムGNSSを用いた即時的地震断層モデル構築手法に関する研究
  • 日本のジオイド決定の高度化に関する研究


その他の研究費による研究テーマ(平成27年度)

  • 地球重力場のウェーブレットによるモデル化ソフトウェアの開発と利用に関する2番目の適用取り決め(IPGP.IGN)
  • 低軌道衛星の精密軌道決定が拓く全球規模の測地学


主な論文・報文

  • Munekane, H., J. Oikawa, and T. Kobayashi (2016): Mechanisms of step-like tilt changes and very long period seismic signals during the 2000 Miyakejima eruption: Insights from Kinematic GPS, J. Geophys. Res., doi:10.1002/2016JB012795. [→LINK]
  • Tobita, M. (2016): Combined logarithmic and exponential function model for fitting postseismic GNSS time series after 2011 Tohoku-Oki earthquake, Earth Planets Space, 68:41, doi:10.1186/s40623-016-0422-4. [→PDFファイル/3.41MB]
  • Kawamoto, S., Miyagawa, K., Yahagi, T., Todoriki, M., Nishimura, T., Ohta, Y., Hino, R., Miura, S. (2015): Development and Assessment of Real-Time Fault Model Estimation Routines in the GEONET Real-Time Processing System, International Association of Geodesy Symposia 2015, Springer, doi:10.1007/1345_2015_49.
  • Kuroishi, Y. (2014):日本沿岸における平均海面位の重力ポテンシャルの推定,測地学会誌,vol.60,59-71.
  • Munekane, H. (2013): Sub-daily noise in horizontal GPS kinematic time series due to thermal tilt of GPS monuments, Journal of Geodesy, Volume 87, Issue 4, 393-401.
  • Kuroishi, Y. (2013): Comparison of Latest Global and Regional Gravimetric Geoid Models with GPS/leveling Geoidal Undulations over Japan, International Association of Geodesy Symposia 138, Reference Frames for Applications in Geosciences, Springer, 221-227.
  • Munekane, H. (2012): Coseismic and early postseismic slips associated with the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake sequence: The EOF analysis of GPS kinematic time series, Earth Planets Space, vol.64(No.12), 1077-1091.
  • 黒石裕樹(2012):平均海面位変化と上下変動の検出に向けた験潮データの平滑化手法,測地学会誌,vol.58,27-42.
  • Panet, I., Y. Kuroishi and M. Holschneider (2011): Wavelet modelling of the gravity field by domain decomposition methods: an example over Japan, Geophys. J. Int., 184, 203-219.
  • 畑中雄樹,宗包浩志,石本正芳,高島和宏,黒石裕樹 (2010):つくばの季節的上下変動:精密計測,機構解明,およびその監視手法について,国土地理院時報,120,115-123.[→PDFファイル/2278KB要旨]
  • Munekane, H. (2010): On Improving Precision of GPS-derived Height Time Series at GEONET Stations, Bulletin of GSI, 58, 39-46.[→PDFファイル/384KB要旨]
  • Munekane, H., Y. Kuroishi, Y. Hatanaka, K. Takashima, and M. Ishimoto (2010): Groundwater-induced vertical movements in Tsukuba revisited: installation of a new GPS station, Earth Planets Space, 62, 711-715.
  • 黒石裕樹 (2010):水準測量における天文潮汐と海洋潮汐荷重の影響について-日本の一等水準測量観測の一部における試算-,測地学会誌,56,59-72.
  • Munekane, H., and J. Boehm (2010): Numerical simulation of troposphere-induced errors in GPS-derived geodetic time series over Japan, Journal of Geodesy, 84:405-417.


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ