文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 地理地殻活動研究センター  > 宇宙測地研究室 最終更新日:2016年11月25日

宇宙測地研究室

研究室から

宇宙測地研究室は、地球の姿とその変化を、宇宙測地技術を活用して正確に観測する技術の開発や監視する基準系の構築について研究し、地球の形が変化する仕組みの解明に取り組んでいます。

トピックス

  • American Geophysical Union fall meeting 2016 (AGU 2016) (2016年12月)
    • How to make old and dense gravity data consistent with the latest gravity data? -Example in Japan- [要旨 (PDF)]
  • 測地学会第126回講演会 (2016年10月)
    • 日本の精密重力ジオイド・モデルの開発(その2) [要旨 (PDF)]
    • GEONETデータを用いた地震後変動モデルの推定 [要旨 (PDF)]
    • PPPキネマティック法による電子基準点座標モニタリングシステムの試作 [要旨 (PDF)]
  • 20th International Workshop on Laser Ranging (ILRS2016) (2016年10月)
    • Interannual geocenter motion with relation to El-nino Southern Oscillation [要旨 (PDF)]
  • 火山学会2016年度秋季大会 (2016年10月)
    • 三宅島 2000 年噴火前後の地殻変動力源の再検討 [要旨 (PDF)]
  • 日本地球惑星科学連合2016年大会 (2016年5月)
    • 過去の稠密重力データの日本重力基準網2013への整合手法の検討 [要旨(PDF)]
    • 衛星重力計測に基づくアジア高山域の氷河質量収支の再推定 [要旨(PDF)]
  • International Federation of Surveyors Working Week 2016 (FIG 2016) (2016年5月)
    • Development of a new gravitational geoid model for Japan [要旨 (PDF)]
    • Real-Time GNSS Positioning System REGARD for Rapid Earthquake Moment Estimates  [要旨 (PDF)]


研究者紹介 (平成28年度)

  • 研究室長: 宗包 浩志
  • 主任研究官: 中川 弘之
  • 研究官: 宮崎 隆幸
  • 研究官: 松尾 功二

国土地理院特別研究費による研究テーマ (平成28年度)

  • 精密重力ジオイドに基づく高さ基準系の構築に関する研究
    (平成28年度~30年度) [研究課題提案書(PDF)]
  • 精密単独測位型RTK(PPP-RTK)を用いたリアルタイム地殻変動把握技術の開発
    (平成27年度~29年度) [研究課題提案書(PDF)]
  • GNSSによる地殻変動推定における時間分解能向上のための技術開発
    (平成26年度~28年度) [研究課題提案書(PDF)]


国土地理院一般研究費によるテーマ (平成28年度)

  • GEONETの解析戦略の高度化に関する研究
  • 将来の測地基準系の保持手法に関する研究
  • ジオイドと重力場の時間変動抽出と機構解明に関する研究
  • 衛星高度計を用いた海面形状の高精度決定に関する研究
  • 低軌道移動体の高精度測位技術の開発に関する研究


その他の研究費による研究テーマ (平成28年度)

  • グリーンランド氷床と周辺海域における水文気候再解析データの構築 (文部科学省科学研究費補助金)
    (平成28年度~30年度)
  • 南極仕様SLR観測システムの開発 (国立極地研究所萌芽研究観測課題)
    (平成28年度~29年度)
  • 低軌道衛星の精密軌道決定が拓く全球規模の測地学 (文部科学省科学研究費補助金)
    (平成26年度~29年度)
  • 地球重力場のウェーブレットによるモデル化ソフトウェアの開発と利用に関する2番目の適用取り決め(IPGP.IGN)


主な論文・報文

  • Kawamoto, S., Y. Hiyama, Y. Ohta, and T. Nishimura (2016): First result from the GEONET real-time analysis system (REGARD): the case of the 2016 Kumamoto earthquakes, Earth, Planets and Space, 68:190, DOI 10.1186/s40623-016-0564-4. [→LINK]
  • 宮原伐折羅, 松尾功二, 黒石裕樹, 宗包浩志 (2016): 光格子時計の測地学への活用における展望, 光学, 4巻7号, 264-267.
  • Takano, T., M. Takamoto, I. Ushijima, N. Ohmae, T. Akatsuka, A. Yamaguchi, Y. Kuroishi, H. Munekane, B. Miyahara, and H. Katori (2016): Geopotential measurements with synchronously linked optical lattice clocks, Nature Photonics, 662-666, doi:10.1038/nphoton.2016.159. [→LINK]
  • 川元智司, 檜山洋平, 古屋智秋, 佐藤雄大, 太田雄策, 西村卓也, 等々力賢 (2016): 電子基準点リアルタイム解析システム(REGARD)プロトタイプの開発, 国土地理院時報, 128. [→PDFファイル/2.14MB]
  • Kawamoto, S., B. Miyahara, Y. Ohta, T. Nishimura, M. Todoriki (2016): Real-Time GNSS Positioning System REGARD for Rapid Earthquake Moment Estimates, proceedings of FIG Working Week 2016. [→PDFファイル/1.73MB]
  • Matsuo, K., T. Miyazaki, B. Miyahara, Y. Kuroishi (2016): Development of a New Gravitational Geoid Model for Japan, proceedings of FIG Working Week 2016. [→PDFファイル/1.10MB]
  • Munekane, H., J. Oikawa, and T. Kobayashi (2016): Mechanisms of step-like tilt changes and very long period seismic signals during the 2000 Miyakejima eruption: Insights from Kinematic GPS, J. Geophys. Res., doi:10.1002/2016JB012795. [→LINK]
  • Tobita, M. (2016): Combined logarithmic and exponential function model for fitting postseismic GNSS time series after 2011 Tohoku-Oki earthquake, Earth Planets and Space, 68:41, doi:10.1186/s40623-016-0422-4. [→LINK]
  • Kawamoto, S., Miyagawa, K., Yahagi, T., Todoriki, M., Nishimura, T., Ohta, Y., Hino, R., Miura, S. (2015): Development and Assessment of Real-Time Fault Model Estimation Routines in the GEONET Real-Time Processing System, International Association of Geodesy Symposia 2015, Springer, doi:10.1007/1345_2015_49.
  • 黒石裕樹(2014):日本沿岸における平均海面位の重力ポテンシャルの推定,測地学会誌,vol.60,59-71.
  • Munekane, H. (2013): Sub-daily noise in horizontal GPS kinematic time series due to thermal tilt of GPS monuments, Journal of Geodesy, Volume 87, Issue 4, 393-401.
  • Kuroishi, Y. (2013): Comparison of Latest Global and Regional Gravimetric Geoid Models with GPS/leveling Geoidal Undulations over Japan, International Association of Geodesy Symposia 138, Reference Frames for Applications in Geosciences, Springer, 221-227.
  • Munekane, H. (2012): Coseismic and early postseismic slips associated with the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake sequence: The EOF analysis of GPS kinematic time series, Earth Planets and Space, vol.64, 1077-1091. [→LINK]
  • 黒石裕樹(2012):平均海面位変化と上下変動の検出に向けた験潮データの平滑化手法,測地学会誌,vol.58,27-42.


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ