文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 地理地殻活動研究センター  > 談話会  > 地理地殻活動研究センター談話会 講演要旨集(2019年) 最終更新日:2019年3月7日

地理地殻活動研究センター談話会 講演要旨集(2019年)

1.航空重力データを用いた精密重力ジオイドの計算:米国コロラド州を例に
  松尾 功二 (宇宙測地研究室)

日本の標高は水準測量により維持管理されているが、全国規模の水準測量には膨大な時間と費用を要する。そこで、国土地理院では衛星測位と精密重力ジオイド・モデルを用いた効率的な標高の維持管理への移行に向けて、2019~2023年にかけて全国を対象に航空重力測量を実施し、日本列島の重力ジオイド・モデルの精密化を計画している。本研究では、航空重力データを用いて精密重力ジオイド・モデルを構築するための最適な計算手法について海外の既存のデータを用いた検証を行った。検証に用いたデータは、NGS(米国測地測量局)より提供を受けた米国コロラド州のデータである。本発表では、2つの異なる計算手法(ストークス・ヘルマート法とUNB法)で構築したジオイド・モデルについて検証結果を報告する。
 

2.深層学習を用いた画像認識について
  白石 喬久 (地理情報解析研究室)

深層学習を用いた画像認識は現在多岐にわたる分野で活用が進んでいる。本発表では、近年の深層学習による画像認識の事例と、発表者が実施した道路舗装点検における活用事例を併せて紹介する。さらに、現在国土地理院が取り組んでいる研究について述べる。

日時:令和元年6月20日(木) 14時00分~15時40分
場所:国土地理院 地理地殻活動研究センター セミナー室(研究棟 2階)

1.GNSSデータに基づく日本のブロック断層モデリング
  小沢 慎三郎(地殻変動研究室)

日本列島のブロック断層モデリングを行い、2014年以降の西南日本のプレート境界の固着状態の時間変化を調べた。その結果、東海のスロースリップ、九州東岸のスロースリップに加え、2016-2017年に紀伊半島東岸で固着が2014-2015 年に比べて若干小さくなり、2018年に回復したことが推定された。また2018年には日向灘北部及び豊後水道でスロースリップが発生していることが示された。
 

2.高精度測位社会に対応した地殻変動補正の検討
  小門 研亮(宇宙測地研究室)

近年、リアルタイム高精度測位が可能となり、誰もが容易に今現在の位置を計測できる社会が到来しつつある。一方で、測量で整備される地図は、一定の基準日における位置情報を基に作成されており、これらの間には日々の地殻変動によるズレが存在する。発表者は、この地殻変動によるズレを高精度に補正するための研究をしており、本発表ではその研究状況について報告する。
 

3.自然の営みと人の暮らしの間で
  宇根 寛(地理地殻活動研究センター長)

大学で地理学を学んで以来、土地の成り立ちや地殻変動などの自然の営みを明らかにし、その上にある人々の暮らしとの関わりを見つめる地理学の視点を大切にしてきました。そのような観点で国土地理院で関わってきた業務のいくつかを紹介してみたいと思います。

日時:平成31年3月14日(木) 14時00分~16時00分
場所:国土地理院 地理地殻活動研究センター セミナー室(研究棟 2階)
 

1.地理教育 3次元表示の一環として ~安定同位体の雨水の特徴について~
  田中 宏明(地理情報解析研究室)

国土地理院では教育分野での支援活動がある。国土地理院のメインコンテンツである地形以外に3次元表示でき、小学校から高校までの授業で活用できるテーマとして、水の分析にたどりついた。今回の発表では、水の分析を取り組むことになった経緯と、分析の中でも水の安定同位体の特に雨水の特徴について述べる。
 

2.地球規模の測地基準座標系(GGRF)に関する国連の活動
  宮原 伐折羅(宇宙測地研究室長)

国連地理空間情報管理に関する専門家委員会(UN-GGIM)は、2015年の国連総会決議に基づき、人間活動の基盤である「地球規模の測地基準座標系(GGRF)」を加盟国全体で連携して維持するため、2017年から測地準委員会(Subcommittee on Geodesy)を設置し、GGRFロードマップの実施に向けた活動を行っている。発表者は、日本代表として測地準委員会の公式メンバーに加わり、活動に貢献しているため、概要を報告する。

日時:平成31年2月20日(水) 14時00分~15時40分
場所:国土地理院 地理地殻活動研究センター セミナー室(研究棟 2階)
 

1.地図自動作成の実現に向けて
  大野 裕幸(地理情報解析研究室長)

将来の地図自動作成の実現を目指し、人工知能(AI)分野の技術を導入して空撮画像から地物を自動抽出(Feature Detection)する研究に取り組んでいる。しかし、AIで地図を作成するとはどういうことかピンと来る人は少ないのではないだろうか。そこで、研究の流れを紹介してAIの活用方法に対する理解を深めるとともに、最新の研究事例ではどの程度の抽出率にあるのか、それに対し、我々の現在の研究状況、課題について述べる。
 

2.迅速・高精度なGNSS定常解析システムの構築
  中川 弘之(宇宙測地研究室)

GEONET定常解析の迅速性や時間分解能をさらに高めるために、昨年度より後処理PPP-AR法を用いたあらたなGEONET解析手法の構築を行う特別研究を3年計画で実施している。2018年7月から8月にかけての約30日間について、開発中のプロトタイプシステムを用いて1日1回、GEONET全点の24時間スパンの試験解析を行ったので、衛星軌道・クロック推定の品質と座標時系列解の再現性について報告する。

日時:平成31年1月18日(金) 14時00分~15時40分
場所:国土地理院 地理地殻活動研究センター セミナー室(研究棟 2階)

 

ページトップへ