文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 測量の生産性を向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト 最終更新日:2019年10月28日

測量の生産性を向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト

プロジェクトの目的と概要

 国土交通省では、全ての建設生産プロセスでICT等を活用する「i-Construction」を推進し、建設現場の生産性を2025年度までに2割向上させることを目指しています。また、「統合イノベーション戦略2019(令和元年6月21日閣議決定)」においても、我が国を「世界で最もイノベーションに適した国」に変革するため、科学技術イノベーションの創出に向けた官民の研究開発を強力に推進することとされています。

 このため、国土地理院は、建設現場等における生産性向上に資する3次元測量及びSociety5.0時代のサイバー空間の基盤となる3次元地図整備並びに信頼性の高い衛星測位によるサービスを安定的に享受できる環境の実現に必須である電子基準点の維持管理等において、様々な分野の知見を結集することで生産性を向上させるための技術開発「測量の生産性を向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」を実施します。

選定結果

公募の結果、10件の応募があり、学識経験者からなるワーキンググループでの審査により6件を選定しました。(資料1

選定された応募内容については、国土地理院と委託契約を締結し試行します。
試行内容については資料2をご覧下さい。


資料1:選定された者・ワーキンググループ委員一覧(PDF形式:388KB)
資料2:試行内容(概要)の紹介 (PDF形式:2MB)

公募(終了しました)

1.公募内容

(1)公募対象
 対象技術I:3次元測量の高精度化、効率化等を図る技術
 対象技術II:電子基準点の利用促進、機能の高度化、維持管理の効率化等を図る技術


(2)参加資格要件
 資料2:公募要領のとおり


(3)公募期間
 令和元年7月30日から令和元年8月29日まで


(4)関係資料
 資料1:公募実施の公示(PDF形式:173KB)
 資料2:公募要領(PDF形式:659KB)
 資料3:応募様式(Excel形式:23KB)

(参考)
 報道発表のページ
 公募概要(PDF形式:603KB)

2.提出期限

令和元年8月29日(木)16時 必着(申し込みは終了しました)

3.公募に関する質問

これまでの質問内容とその回答(8月19日更新)

お問い合わせ先

国土交通省 国土地理院
企画部 企画調整課 「測量の生産性を向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」担当 宛
E-mail:gsi-opinv=gxb.mlit.go.jp(=を@にしてください。)

ページトップへ