最終更新日:2021年7月14日

「地図と測量の科学館」イベントのご案内

「地図と測量の科学館」におけるイベント開催等のご案内

開催イベントのご案内

開催案内

国土地理院「地図と測量の科学館」では、企画展「その時東京はどう変わった? ~1964オリンピックの前後~ 」を開催します。
1964年(昭和39年)のオリンピックを前後して東京はどう変わったのか。当時の地図や空中写真から振り返ります。

本企画展では、1964年オリンピック前後の東京を地図や空中写真で振り返り、その変化を紹介します。大会を着実に成功させたことで日本は、戦後19年目にして、戦禍からの復興を世界に示すことができたといえます。開催前の日本の目立ったインフラは、当時世界一の高さのテレビ塔東京タワーくらいでした。開催にむけて、世界初の高速鉄道である東海道新幹線、首都高速道路、東京国際空港(羽田空港)ターミナルビル増築・滑走路の拡張、東京モノレールなどが次々と整備され、世界の建築史に名を残すような屋内外の競技場が完成しました。そんな時代背景の東京を地図や空中写真から振り返り、どう変わっていったのかをわかりやすく展示・紹介します。

開催期間等

令和3年7月20日(火)から令和3年9月26日(日) 9時30分から16時00分
休館日:毎週月曜日(祝日の時は順次翌日)

会場

国土地理院「地図と測量の科学館」
 2階「特別展示室」

*交通案内はこちら 

その他

入場無料、無料駐車場あり
 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。