最終更新日:2021年9月29日

「地図と測量の科学館」イベントのご案内

「地図と測量の科学館」におけるイベント開催等のご案内

開催イベントのご案内

開催案内

国土地理院「地図と測量の科学館」では、企画展「“伊能図”近代地図の原点 ~大日本沿海輿地全図完成二百年記念~」を開催します。
1821年に伊能図が完成し幕府に上呈されてから200年。その後の地図作成に長く影響を与えた伊能図とその功績を紹介します。

伊能忠敬(1745~1818年)は、55歳の時(1800年)に蝦夷地(現在の北海道)の測量を開始し1816年の第10次測量まで実施して、北海道から九州までの実測による日本地図を作成しました。忠敬は1818年に亡くなりましたが、地図作成は弟子たちによって引き継がれ、1821年「大日本沿海輿地全図(だいにほんえんかいよちぜんず)」(通称「伊能図」)が完成し、幕府に上呈されました。
今回の企画展では、伊能忠敬が行った測量の方法や功績、完成した伊能図、明治に入って伊能図がその後の地図作成にどのように影響したのかを、当時の測量機器のレプリカ、伊能大図、中図、小図等の展示、伊能図を使って作成された地図等をとおして紹介します。
また、2021年に新たに存在が認められた伊能小図の副本とみられる「實測輿地圖(じっそくよちず)」(ゼンリンミュージアム所蔵)3図幅のレプリカを展示します。

主な展示物

・大日本沿海輿地全図(伊能図)
 大図(国土地理院彩色図)
 中図
 小図(掛け軸)(レプリカ)
 小図「實測輿地圖(じっそくよちず)」詳細デジタル複写(ゼンリンミュージアム所蔵)
・測量機器類(レプリカ)
・官板実測日本地図
・大日本沿海略図
・大日本全図
・20万分1輯製図(しゅうせいず)

開催期間等

令和3年10月19日(火)から令和3年12月19日(日) 9時30分から16時00分
休館日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は順次翌日)
     11月27日(土)、28日(日)は臨時休館

会場

国土地理院「地図と測量の科学館」
 2階「特別展示室」

*交通案内はこちら 

その他

入場無料、無料駐車場あり
 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。