文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 関東地方測量部  > 関東地方測量部の概要  > 管内の主な観測施設  

管内の主な観測施設

日本水準原点

東京都千代田区永田町1-1-2(国会前庭北地区憲政記念館構内)   地図(PDF形式)   地理院地図
日本水準原点標庫の外観写真
建物(日本水準原点標庫)の説明 
明治24年(1891)築。 ローマ神殿の形式を持つ古典主義建築。

ここにある石造りの建物の中には、国内の高さの測量の基準になる日本水準原点が納めてあります。

土地の高さは、平均海面を基準に取りますが、実用的には地上のどこかに、高さの基準となる点を表示しておく事が必要です。
このため、明治24年(1891年)に水準原点がつくられ、当時、隅田川河口の霊岸島で行われた潮位観測により、水準原点建物内部の水晶板のゼロ目盛りの高さが、東京湾平均海面上24.500mと決定されました。
水準原点のあるこの地は、山の手の台地で、原点の礎石は、地下10mあまりの強固な地層から築いてありますので、下町の沖積地のように甚だしい地盤沈下を起こすおそれはありません。
しかし、大正12年(1923年)の関東大地震では、この付近一帯に相当の地殻変動があり、測量の結果、原点の高さは東京湾平均海面上24.4140mと改定されました。さらに、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の影響による地殻変動が観測されたため、平成23年10月21日に、東京湾平均海面上24.3900mと改定されました。

現在では、神奈川県三崎の油壺験潮場で実施する潮位観測及び定期的に行われる水準原点~油壺間の水準測量によって水準原点の高さを点検しています。

→一等水準基準点「交無号」について
→水準・験潮(潮位観測)の説明
→高さの基準の説明

日本経緯度原点

東京都港区麻布台2-18-1       地図(PDF形式)    地理院地図
日本水準原点の写真

日本経緯度原点は、わが国における地理学的経緯度を決めるための基準となる点です。
明治25年に東京天文台の子午環の中心を日本経緯度原点と定めました。
その後、大正12年の関東大地震により、子午環が崩壊したため、日本経緯度原点の位置に金属標を設置しました。

平成13年に測量法が改正され測量の基準として、世界測地系を採用することになり、金属標の十字の交点が日本経緯度原点の地点となりました。
原点の経度、緯度及び方位角の数値は、 最新の宇宙技術を用いて定めたものです。
さらに、平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の影響による地殻変動が観測されたため、平成23年10月21日に、次の数値に改定されました。
 

経度 東経 139°44′28.8869"
緯度 北緯  35°39′29.1572"
方位角     32°20′46.209"
(つくば超長基線電波干渉計観測点に対する値)


日本水準原点を正面から見た写真
経緯度1秒(1″)は、日本周辺で約30mにあたります。
1/10,000秒(0.0001″)は、3mmにあたります。

 ( →測地座標系と準拠楕円体
 ( →世界測地系移行の概要
 

管内験潮場

海面の昇降(潮位)を測ることを験潮といい、その海面の潮位を測定する施設を験潮場といいます。
国土地理院では、土地の高さの基準を決めるために験潮を行っています。
また、長い期間連続観測して蓄積した潮位データは、地殻変動の監視、津波の検出など、防災に重要な役割を果たしています。
さらに、験潮とGPS(全地球測位システム)などの新しい測量技術を併用することにより、地球温暖化による海面変動監視の研究に役立てることができます。
関東地方測量部では、神奈川県油壺・千葉県勝浦の2箇所の験潮場の維持・管理をしています。

→験潮とは
→日本全国の験潮場

油壺験潮場

油壺験潮場の外観写真

油壺験潮場(神奈川県三浦市三崎町小網代竹ノ内)

油壺験潮場は明治27年(1895年)6月神奈川県三浦市三崎町の小網代湾内に建築されました。
現在、歴史的な文化財としても貴重なものとして保存されている煉瓦造りの旧験潮場と平成7年に建設されたコンクリート造りの新験潮場が併設されています。
油壺験潮場の潮位観測は、原点の高さ(東京湾平均海面)にも大いに関わっており、明治33年から大正12年の関東大震災前までの23年間の観測結果から油壺の平均海水面が算出され、その値と霊岸島から得た高さの差は3mmしか無く、水準原点の高さを保証しました。
その後、関東大震災の地殻変動によって水準原点の高さは、24.4140mに改訂されましたが、その時も油壺験潮場の潮位観測から求められた高さが用いられています。

勝浦験潮場

勝浦験潮場の外観写真

勝浦験潮場(千葉県勝浦市興津 興津港内)

勝浦験潮場は昭和42年(1967)3月に千葉県勝浦市興津港内に設置され、同年6月からGSI型験潮儀による観測を開始しました。
国土地理院の験潮場は全国に25箇所設置されていますが、11番目に設置された験潮場で、南関東及び東海地方の験潮場のひとつとして、昭和55年にはテレメーターも設置され、房総半島を始めとした日本列島の地殻活動の把握にも役立っています。

軌道追跡局

東京都小笠原村父島
衛星軌道追跡局の写真
東京都小笠原村にある衛星軌道追跡局には、GNSS受信機、GNSSアンテナ、通信機器等が設置されています。父島局等の衛星軌道追跡局では高精度の時を刻むことが可能であるセシウム原子時計が使用されています。国土地理院は、国際GNSS事業(IGS)に参加しており、IGSの算出する様々な成果に貢献するため、必要な観測データを取得し、IGSに提供しています。父島観測局はこのIGSに登録された局の一つです。 IGSからは、測地学・地球物理学等の研究活動を支援するために、全世界の観測データを基に、精密軌道暦、地球回転パラメータ、IGS局の座標及び速度等が配信されています(写真の中央が衛星軌道追跡局アンテナ、左側がVLBIアンテナ(現在はありません))。



GNSS(Global Navigation Satellite System):GPS、準天頂衛星、GLONASS、ガリレオ等、測位衛星システムの総称。
IGS(International GNSS Service):地球科学におけるGPS利用を支援するため、国際測地学協会(IAG)が1994年1月に設置した情報サービス機構。

東京都小笠原村父島

鹿野山測地観測所

千葉県君津市鹿野山
鹿野山測地観測所の写真
正確な地図を作成するときは、いろいろな測量を行います。また、正確な測量を繰り返すことにより地殻の詳細な変動を捉えることも出来ます。そのためには、使用する測量器械が常に正しいかどうかを調べたり、測量の結果に影響を及ぼす様々な自然現象の調査・研究が必要です。
それらの調査・研究を行うため人為的な影響を受けない最適地として房総半島の鹿野山を選び、昭和31年から地磁気観測を開始しました。その後、地磁気、天文、重力測量などを行う諸施設が拡充され、昭和37年より「測地観測所」として本格的な観測体制に入り、今日まで各種の観測データを取り続けています。
ここで得られたデータは、基本測量はじめ地震予知や地球物理に関する研究などの分野で広く利用されています。


鹿野山測地観測所における地磁気連続観測データ、大多喜・地球電磁気連続観測点及び富士山・全磁力連続観測点の観測データをごらんになりたい方はこちら(国土地理院地磁気測量ホームページ)をご覧ください。  

ページトップへ