文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 関東地方測量部  > 管内の主な観測施設  > 一等水準点「交無号」について  

一等水準点「交無号」について

日本の標高決定は一等水準点「交無号」から始まった!

 皆さん、日本の標高の基準である東京湾平均海面と日本水準原点を繋ぐために重要な役割をした水準点があることを知っていますか?

ご存知の通り、東京湾平均海面は、明治6年から12年に東京湾の霊岸島に設置された量水標での潮位観測の結果から決定されました。その観測結果は、量水標近傍に設置された「霊岸島旧点」に取り付けられ、明治初期の高さの基準となりました(図-1)。

 

 その後、明治24年3月に几号水準点であった霊岸島旧点に替わる堅固な水準点として「霊岸島新点・交無号」が設置されました。統一的に全国的な水準測量を行う必要性から同年5月に日本水準原点が設置されましたが、その標高はこの「交無号」を出発点として求められています。

霊岸島旧点は大正時代に亡失してしまいましたが、この「交無号」は数度の移転を経て、平成18年から現在の場所に鎮座しています。

 

 設置されている場所は、霊岸島量水標モニュメントから約70m北側の花壇の中にあり、地元の中央区新川二丁目越一町会の皆さんが、花壇の管理と共に周辺を整備してくれています。この度、この由緒ある交無号の由来を記した説明板を立てると共に、水準点を守ってくれている町会の皆様に関東地方測量部長から感謝状の贈呈を行いました。

 

 時代は進んで、潮位観測と水準原点とを繋ぐ役割は、東京湾の埋め立てや隅田川の河川水の影響によって、霊岸島から神奈川県三浦半島の油壺験潮場に譲ることとなりました。しかしながら日本の標高決定の基準として重要な役割を果たしたこの「交無号」は、表には出ないが陰で非常に重要な役割を果たしたものであり、言ってみれば天地人の直江兼続といったところでしょうか?

 是非、リバーサイド観光のついでに霊岸島量水標モニュメントと併せてご散策ください。

 

                                     

注1:水準点番号「交無号」の由来は、水準路線が交差する点であることを示す「交」と「0」を意味する「無号」を合わせた事による。

注2:几号水準点とは明治初期に用いられたイギリス式の水準点。

 
量水標と霊岸島旧点の関係図(大正8年作成)

図-1 量水標と霊岸島旧点の関係図(大正8年作成)


「交無号」と説明板

新たに設置した説明板と「交無号」


ページトップへ