先人が伝える災害の教訓を地図で発信~地図記号「自然災害伝承碑」で周知・普及!~【関東地測】

発表日時:令和元年6月19日(水) 14時00分

 国土地理院では、久慈川・那珂川流域の水害に関する自然災害伝承碑(4市町8基)を国土地理院のウェブ地図「地理院地図」において、本日から公開しました。
  ※「自然災害伝承碑 」:過去に起きた津波、洪水、火山災害、土砂災害等の情報を伝える石碑やモニュメント     


 「自然災害伝承碑」の情報を誰もが見ることができる「地理院地図」へ掲載することにより、過去の自然災害の教訓を地域の方々に分かりやすく伝えることで、教訓を踏まえた的確な防災行動につなげ、自然災害による被害を軽減することを目指します。

 ※自然災害伝承碑の詳しい情報につきましては、以下のウェブサイトをご覧ください。
  「自然災害伝承碑」の取組  https://www.gsi.go.jp/bousaichiri/denshouhi.html
  • 平成31(2019)年3月15日の「地図で確認 先人が伝える災害の教訓」でお知らせした通り、災害教訓の周知・普及のため、新たな地図記号「自然災害伝承碑」を制定しました。令和元(2019)年度から「自然災害伝承碑」の情報を地方公共団体と連携して、各地方整備局等の協力も得つつ収集を開始し現在、全国約200市区町村と公開に向けて準備を進めています。
  • 今回はそのうち全国45市区町村の135基、関東地方測量部管内では12市区町村の22基(6月14日現在)の「自然災害伝承碑」の公開準備が整いましたので、これらの情報をウェブ地図「地理院地図」に6月19日(水)から掲載しました。
  • 今後も市区町村に対して「自然災害伝承碑」の情報提供を引き続き呼びかけると共に、市区町村と連携して、「自然災害伝承碑」の情報を定期的に更新・公開します。
  • また、本取組を通じて「自然災害伝承碑」を周知し、地域住民の方に地域ごとに発生しやすい自然災害を現実のものとして感じていただきたいと思っています。「自然災害伝承碑」をきっかけとし、過去の教訓を踏まえた的確な防災行動による被害の軽減を目指します。「自然災害伝承碑」の情報は、身近な災害履歴を学ぶための学習教材として、学校における防災教育等でご活用いただけます。
   
      「自然災害伝承碑」                地理院地図における表示イメージ
    (茨城県常総市三坂地区)
 「自然災害伝承碑」の詳しい情報につきましては、以下のウェブサイトをご覧ください。
 自然災害伝承碑の取組 https://www.gsi.go.jp/bousaichiri/denshouhi.html

添付資料

問い合わせ先

1都8県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県及び長野県、山梨県)の自然災害伝承碑の取組に関するお問い合わせは、国土地理院関東地方測量部防災グループまでお願いします。 メールアドレス:gsi-denshou+kan10=gxb.mlit.go.jp(=を@にしてください)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。