荒川放水路

◆荒川放水路

荒川放水路は明治44年(1911)着工で、移転を余儀なくされた住民は1,300世帯にもなります。
カシミール3Dで歴史的農業環境閲覧システム(明治前期に作成された迅速測図)に5mDEMを重ねると堤防内に移転前の集落が見て取れます(下図は千住、小菅付近)。ちなみに、迅速測図は、明治政府(山県有朋ら)が西南戦争では地図不足が苦戦をした原因であったことから、関東地方の平野部を三角点に基づかない測量で明治13年(1880)から作成した1/2万の地図です。

段彩図
※クリックすると大きな画像を表示できます

参考文献