文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 最近の地震活動に伴う地殻変動  > 平成17年8月16日 宮城県沖を震源とする地震に伴う地殻変動  

平成17年8月16日 宮城県沖を震源とする地震に伴う地殻変動

電子基準点(GPS連続観測点)による解析

平成17年8月16日(火)11時46分頃発生した宮城県沖の地震(マグニチュード7.2暫定値)について、同日18時までの電子基準点のデータを解析した結果によると、電子基準点「牡鹿」(石巻市)が東へ約5cm水平移動したことが認められました。このほか、電子基準点「矢本」(矢本町)、「河北」(石巻市)、「女川」(女川町)、「桶谷」(桶谷町)が東南へ約4cm移動していることなど、宮城県において顕著な地殻変動が認められました。

地殻変動から推定した震源断層モデルについて

 この地殻変動から震源断層の形状を長方形として断層モデルを推定したところ、断層の向きが、ほぼ北北東-南南西方向、大きさが、長さ約32km、幅約33kmで東から西に傾き下がる低角の逆断層(傾斜角21度)となりました。上端部の深さは約40kmです。これは、西側のプレートが東側にのり上げるような断層運動によるものと考えられます。また、このすべり量は2.5mです。断層の大きさとすべり量から推定した今回の地震のモーメント・マグニチュード(Mw)* の大きさは約7.2となりました。

 *モーメントマグニチュード(Mw):地震で解放されたひずみの大きさから推定した地震の規模を「モーメントマグニチュード」と言います。通常使われるマグニチュードは地震動から推定しています。
2005年8月16日 宮城県沖の地震に伴う断層モデル

平成17年8月16日 宮城県沖の地震に伴う断層モデルの概念図

戻る

ページトップへ