広帯域MT固定連続観測システムを用いた地殻比抵抗モニタリング(要旨)

広帯域MT固定連続観測システムを用いた地殻比抵抗モニタリング 測地部   佐藤秀幸
Geodetic Department   Hideyuki SATOH
水沢測地観測所   湯通堂亨・門脇俊弘・石原操
Mizusawa Geodetic Observatory Tohru YUTSUDO, Toshihiro KADOWAKI, Misao ISHIHARA
国土交通省河川局防災課   藤原智
Ministry of Land, Infrastructure and Transport   Satoshi FUJIWARA

要旨

 内陸地震発生に対し強く関与している地殻内の水の存在を把握するため,広帯域MT(Magnetotelluric)固定連続観測システムを水沢測地観測所と江刺観測場に設置し,1996年4月から見掛け比抵抗の連続観測を開始した。本報告では,地震活動や地殻変動と関連した比抵抗変化を検出する方法のひとつとして,測定システムの安定性を議論した上で,MT法による地殻比抵抗モニタリングが有用であることを示す。

戻る