出典の記載

国土地理院の地図を利用する際の出典の記載と記載例

出典の記載

国土地理院の地図等を利用する際は、申請不要の場合であっても、出典を記載してください。
また、国土地理院の地図等を編集・加工等して利用する場合は、上記出典とは別に、編集・加工等を行ったことを記載してください。編集・加工した情報を、あたかも国土地理院が作成したかのような態様で公表・利用してはいけません。
なお、申請不要の場合の出典の記載については、「国土地理院コンテンツ利用規約」を準用します。

出典の記載場所について

印刷物及び書籍に測量成果(紙地図、電子地形図、空中写真等)を利用する場合、原則、測量成果の掲載箇所に記載してください。
なお、書籍の巻頭及び巻末にまとめて記載する場合には、何頁に掲載されている図が測量成果を利用したものなのかをできる限り記載してください。
システムやWebサイトに測量成果を利用する場合、原則、測量成果が表示画面に表示されている間は、常に見えるように表示画面に明示してください。
なお、技術的に困難など、やむを得ない場合には説明ページや説明書に記載することも可とします。
(例えば、Webサイトであれば利用規約のページ、ソフトウェアであればreadmeファイル、ハンカチやTシャツ等であれば製品のパッケージや説明書に記載することも可とします。)
また、表示画面を出力できる場合には、出力図にも記載してください。

出典の記載例

  • 「出典:国土地理院発行2.5万分1地形図」
  • 「出典:国土地理院撮影の空中写真(XXXX年撮影)」
  • 「電子地形図25000(国土地理院)を加工して作成」  
  • 「地理院タイルに○○を追記して掲載」 ←○○には追記するものの内容を入れてください。