文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 中部地方測量部  > 施設紹介  

施設紹介

中部地方測量部管内の主な施設の場所を地理院地図上で示しています。
 → 配置図を表示


<主な施設>
中部地方測量部、東海機動観測基地、験潮場、地殻活動観測場、地球電磁気連続観測装置、基準重力点、電子基準点(ズームレベル10以上で表示)

東海地方で予想される巨大地震に関する情報収集と防災対応のための機動観測を円滑に実践するため、静岡県掛川市に設置されています。
 

 

toukaikichi.jpg/
東海機動観測基地(静岡県掛川市)

 

験潮場

井戸の中につるした「うき」の動きで海面の上下(潮位変化)を連続的して記録している施設です。
データは、電話回線で国土地理院に集められ、地殻の上下変動や海面の変化を示す基礎資料として、地震予知や地球温暖化の研究に役立っています。 → 全国の験潮場の情報
管内には、伊東(静岡県伊東市)焼津(静岡県焼津市)田子(静岡県西伊豆町)鬼崎(愛知県常滑市)の4ヶ所に験潮場があります。
 

 

yaidu.jpg
焼津験潮場(静岡県焼津市)

地震発生直前の地殻のずれから生じる変形をとらえ、地震の短期予知に利用するため、傾斜計、ひずみ計を設置し、観測を続けています。
また、地中地殻活動観測井では、地上の影響の少ない地下800mに傾斜計、ひずみ計等のセンサーを設置し、同様な観測を続けています。

 

omaezaki2.jpg
地中地殻活動観測井(静岡県御前崎市)

ページトップへ