「測量の日」記念フェア2019を開催

開催概要

日時:令和元年6月3日(月)
     第23回近畿地方測量技術発表会 13:00~16:40
     パネル展、測量機器・システム展  12:00~17:00
場所:大阪合同庁舎第4号館 第1・2共用会議室
主催:国土地理院近畿地方測量部、(一社)大阪府測量設計業協会、大阪土地家屋調査士会
後援:大阪府、(公社)日本測量協会関西支部、「測量の日」近畿地区連絡協議会

報道発表資料

プログラム

12:00~17:00 パネル展、測量機器・システム展
13:00~16:35 第23回近畿地方測量技術発表会

【プログラム】(敬称略)
13:00~13:05 開会挨拶:(一社)大阪府測量設計業協会会長 北川育夫
13:05~13:35 「激甚化する災害と高精度測位社会への対応」:国土地理院近畿地方測量部長 山本洋一
13:35~14:05 「平成30年7月台風第7号及び前線等による豪雨災害に伴う緊急撮影(竹原三原地区)報告」
         :(株)かんこう技術本部基盤情報技術部空間解析課長 黒澤章太郎
14:05~14:30 「パネル展、測量機器・システム展」の展示内容紹介:参加団体・参加企業
14:30~15:00 休憩
15:00~15:30 「公共測量における新技術活用のための取組」:国土地理院企画部測量指導課長 出口智恵
15:30~16:00 「高精度・高分解能の空間情報の使い方」:(株)日本インシーク水工計画・解析部長 下鳴恒彰
16:00~16:30 「古地図とGIS」:土地家屋調査士 神前泰幸
16:30~16:35 閉会挨拶:大阪土地家屋調査士会会長 中林邦友

開催報告

 6月3日の測量の日に、第23回近畿地方測量技術発表会、パネル展、測量機器・システム展を開催し、208名の皆さまにご参加いただきました。
 技術発表会では、5名の方から最新の測量技術や防災及び地理空間情報共有の取組等に関する発表がありました。それぞれの立場や専門分野から地理空間情報を用いた防災・減災への取り組みについての講演がありました。また、今年度初の取り組みとして、パネル展等の出展団体代表による1分間プレゼンテーションを行い、展示ブースの状況がよくわかると好評でした。
 パネル展及び測量機器・システム展ては、最新の測量機器や計測技術に関する展示がなされ、近畿地方測量部からの展示は、例年恒例の出展に加えて床面オルソ及び「近代測量150年」関連のパネル等、盛りだくさんの内容で盛況でした。

写真       写真
            技術発表会                         パネル展及び測量機器・システム展