最終更新日:2020年9月17日

広島湾岸トレイル登山道調査

広島湾岸トレイル登山道調査について

概要

平成30年度より広島湾岸トレイル協議会と連携し、広島市周辺の登山道調査を実施しました。
GNSS機器 操作方法確認の様子 現地調査の様子

※広島湾岸トレイル協議会とは、広島湾を取り囲む4市5町にまたがる全長約300kmの広島湾岸トレイルの開発、維持、管理、運営を行うことでコース周辺市町の地域振興、観光振興、登山振興を図ることを目的に掲げ活動する協議会。
 広島湾岸トレイル協議会ホームページはこちら

調査結果

 登山道の現地調査に際しては、多くの皆様にご参加いただいております。
 平成30年4月から調査を開始し、令和元年12月までに調査した箇所については令和2年1月から修正した登山道を地理院地図で公開しています。
 現在も、引き続き調査を実施中です。
 調査予定登山道です。
 画像をクリックすると拡大画像(JPEG形式:3.5MB)を表示します。


調査位置図

地形図への反映状況

調査の記録

現地調査実施日 平成30年4月21日~継続中
調査エリア
  • 広島コース
  • 瀬戸コース
  • 宮島コース
  • エキキタコース
  • エキミナミコース
参加団体
  • 広島湾岸トレイル協議会
  • 中国地方測量部