最終更新日:2021年12月27日

G空間EXPO2021における国土地理院のイベント

東京都立産業貿易センター浜松町館及びwebにて開催し、国土地理院でも様々なイベントを実施しました。

G空間EXPO2021について(終了しました)

地理空間情報の活用推進を目的としたイベント「Geoアクティビティコンテスト」を開催します。魅力的な「取り組み」、新しい「アイデア」、独創的な「サービス」などを、6月20日まで募集します。

Geoアクティビティコンテストは、地理空間情報の利活用に関する様々な「取組」「アイディア」「サービス」などを展示・発表で紹介し、参加者や来場者との交流を通じて、優良事例の育成・普及、新しいサービスの創出など地理空間情報の活用推進を目的としたイベントです。
優秀な作品には表彰を予定しており、様々な機会に地理空間情報を利活用した優良事例として紹介していきます。

2022年度は、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、昨年度と同様に、動画での発表・審査を予定しています。
地方公共団体、教育・研究機関、学生(高等学校生、高等専門学校生、大学生、大学院生 など)、NPO法人、民間企業などで防災情報発信や防災アプリ作成に取り組んでいる方など、多くの皆さんの応募をお待ちしています。

Geoアクティビティコンテストについて

《会場》
開催日:2022年12月6日(火)~7日(水)
開催場所:東京都立産業貿易センター浜松町館(東京都港区海岸1-7-1)
《web》
開催日:実地開催期間を含む1か月程度
開催場所:Geoアクティビティコンテスト webサイト
    (G空間EXPO公式サイト内:https://www.g-expo.jp/

出展作品について

Geoアクティビティコンテストに関する情報発信の手段として、SNS(ソーシャルメディアネットワークサービス)を「SNS運用方針」のとおり活用しています。新しい情報を随時更新していますので是非ご覧ください。
ツイッターのページへ フェイスブックのページへ 国土地理院SNS運用方針

SNSによる情報発信について

Geoアクティビティコンテストに関する情報発信の手段として、SNS(ソーシャルメディアネットワークサービス)を「SNS運用方針」のとおり活用しています。新しい情報を随時更新していますので是非ご覧ください。
ツイッターのページへ フェイスブックのページへ 国土地理院SNS運用方針

地理空間情報フォーラム

 国土地理院の業務に関する展示として、「防災・減災における国土地理院の取組」としてテーマごとにパネルを作成しました。
 また、日本全国の地形が立体視できる1/50万デジタル標高地形図やNHK「ブラタモリ」でも放送された航空カメラの模型なども展示します。

 開催日時:12月7日(火)~8日(水) 10時~17時
 会場:東京都立産業貿易センター浜松町館4階展示室(地理空間情報フォーラム ブース番号16)

関連リンク

お問い合わせ

G空間EXPOに関するお問い合わせは、以下の問合せフォームにて受け付けております。

問い合わせフォーム
※内容の種類で、「G空間EXPOに関するお問い合わせ」を選択してください。

〈〈 担当:地理空間情報企画室 〉〉

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。