文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > 座標変換ソフトウェア TKY2JGD  

座標変換ソフトウェア TKY2JGD

世界測地系の座標値「測地成果2000」へ移行するためのソフトウェア

TKY2JGDとは

目的

平成14年の改正測量法の施行に伴い、日本測地系に基づく経緯度を世界測地系に基づく経緯度へ変換するためのソフトウェアです。
 

適用範囲

 国内の陸域を変換範囲の対象としています。海域については海上保安庁海洋情報部の「経緯度数値の変換方法」をご利用下さい。本ソフトウェアを使用しても海域及び国外についても変換は可能ですが、精度が落ちますので特に秒単位の精度で経緯度を変換する必要がある方は使用しないで下さい。なお、陸域においても灯台等の航路標識と水路測量標については、海上保安庁海洋情報部にお問い合わせください。

機能

「TKY2JGD」の主な機能は以下のとおりです。
  1. 経緯度の変換
    日本測地系の経緯度を世界測地系の経緯度へと変換します。逆向きの変換も可能です。
  2. 平面直角座標の変換
    日本測地系の平面直角座標を世界測地系の平面直角座標へと変換します。逆向きの変換も可能です。

ソフトウェアの提供方法

本ソフトウェア(TKY2JGDのインストールパッケージ)の提供は、2017年6月5日に終了しました。
詳細については、「ソフトウェア「TKY2JGD」「SemiDynaEXE」「PatchJGD」「PatchJGD(標高版)」の脆弱性及び提供終了に関するお知らせ」をご覧ください。
今後は、測量計算サイトTKY2JGDをご利用ください。

プログラムの概要

TKY2JGDは,「日本測地系(Tokyo Datum):ベッセル楕円体」に準拠した座標値を,世界測地系「日本測地系2000(=ITRF94系=JGD2000):GRS80楕円体」の座標値に座標変換するプログラムです。Windows版のみ国土地理院から提供しています。
TKY2JGDメイン画面

用語解説

 「世界測地系」という言葉には広義と狭義があります。広義の世界測地系はITRF系やWGS84系等の総称です。一方,狭義の世界測地系は,平成14年4月1日施行の改正測量法が基づく座標系です。狭義の世界測地系はITRF94系を日本に実現した日本測地系2000と同義です。TKY2JGD関連ヘルプで用いる世界測地系は,狭義の世界測地系です。
 "TKY"は,法改正前の日本測地系の英語名"Tokyo Datum"に由来します。
 "JGD"は,新たにわが国に実現された世界測地系である"Japanese Geodetic Datum 2000(日本測地系2000)" を意味します。
 "2"は,英語の"to" つまり "へ"を意味します。"two"と"to"の発音が同じことから代用しています。
 以上のように,"TKY2JGD"は,"日本測地系(改正前)から日本測地系2000(世界測地系)へ"を意味しています。
 読み方は,"ティーケイワイ・トゥー・ジェイジーディー"です。
 日本測地系2000(世界測地系)に準拠した基準点座標成果が"測地成果2000"です。
 平成23年東北地方太平洋沖地震に伴う大規模な測量成果の改定により、日本測地系2000は日本測地系2011へ、測地成果2000は測地成果2011にそれぞれ移行しています。
 
ダウンロードページより、
  • 座標変換パラメータファイル
  • “TKY2JGD for Windows”のソースコード
をダウンロードすることができます。
 

お問い合わせ

TKY2JGDに関するお質問・ご意見については、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ページトップへ