文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基本測量  > 地球の形をはかる  > 三角点(水平位置を求める)  > 三角点の測量  

三角点の測量

三角測量

  明治時代に距離を正確に測る方法は巻き尺しかありませんでした。3km~10km離れた平坦な場所にある2点間の距離を正確に測り、もう1点を加えて三角形を作り、三角形の内角を測ります。この1辺と内角から三角形の大きさと形を計算で求めます。さらに点を増やして三角形の内角を測ります。こうして三角形の網を作り、三角形の各点の位置を求めていくのが三角測量です。
三角測量概念図
三角測量の概念図

一等三角網の図
一等三角網図

三辺測量

  1970年代になると光などを利用した測距儀が実用化されました。三角網の各辺の距離を正確に測ることにより、三角点の位置を正確に求めます。三角測量が三角形の角度を測るのに対し、三辺測量は三角形の各辺を測ることからこう呼ばれています。三辺測量は主に一~三等三角点の改測に使用されました。

多角測量

  多角形の距離と角度を測り、位置を求める測量で、障害物を避けるように点を配置し測量できるため、市街地など見通しが悪い場所での測量にも適しています。 網の形により、単路線、結合方式、閉合方式があり、主に基準点測量(四等三角点設置)に使用されます。
多角測量図

多角測量(単路線)


GNSS測量

  GNSSは、Global Navigation Satellite Systems の略称で、全球測位衛星システムと訳されます。人工衛星からの電波を受信して位置を決定するシステムで、従来の測量と違う点のひとつに、上空の視界が開けていれば他の基準点が見通せなくてもよいということがあげられます。現在三角点の測量のほとんどがこの測量方式によるものとなっています。GNSSを使用した測量にはいろいろありますが、三角点の測量では、より精度の高い相対測位という方式が用いられています。
GNSS測量図

GNSS測量(相対測位)


ページトップへ