文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > 三角点の標高成果改定について 最終更新日:2014年4月1日

三角点の標高成果改定について

 三角点の標高を水準測量に整合した体系とするため、平成26年4月1日に三角点の標高成果を改定しました。また、標高成果改定に併せて、市町村等が実施した公共測量の標高成果改定を支援するための標高補正パラメータや標高成果計算サイトを公開しました。

1.三角点の標高成果改定(概要)

   国土地理院では位置の基準として三角点を全国に設置しており、水平位置座標と標高を公表しています。この三角点の標高を水準測量に整合した体系とするため、平成26年4月1日に一部離島を除く全国の三角点約10万点について、標高成果を改定しました。
   三角点の測量では、平成6年度以降、電子基準点を既知点としたGNSS測量を実施していますが、半数以上の三角点においてはGNSS測量によらない旧来の測量方式によって求められた標高成果のままとなっており、GNSS測量による標高との間に標高の乖離(標高不整合)が発生していました。この標高不整合を解消するため平成20年度以降、北海道、紀伊半島及び東北地方で標高成果改定を実施しましたが、その他の地域については標高不整合が解消されていませんでした。
   そのため、標高成果改定を実施していない地域について、GNSS測量の結果を基に補正パラメータを作成し、標高成果を改定することとしました。また、ジオイド・モデルの改定に伴う標高補正等も全国(一部離島を除く)の三角点を対象に実施しました。三角点標高成果改定の詳細については下記のウェブサイトをご参照ください。
◆三角点標高成果改定の詳細
   http://www.gsi.go.jp/sokuchikijun/hyokorev-detail.html
※ジオイド・モデルは、平成25年4月26日に中国、四国、九州地方(一部離島を除く)について改定され、その他の地域(残りの本州・北海道・沖縄島(一部離島を除く))についても平成26年4月1日に改定されました。詳細については国土地理院ウェブサイト(http://www.gsi.go.jp/buturisokuchi/buturisokuchi40004.html)でご確認ください。

2.成果の公表について

(1)成果提供開始日:平成26年4月1日
(2)標高成果を改定する三角点等の点数:108,013点

   改定された標高成果は、4月1日より国土地理院本院、各地方測量部等で閲覧及び謄本(抄本)交付が可能です。
   また、国土地理院ウェブサイト(基準点成果等閲覧サービス:http://sokuseikagis1.gsi.go.jp/ )からもご覧になれます。

3.公共測量成果への対応

   今回の改定に併せて、公共測量等の標高成果改定を支援するための標高補正パラメータ及び標高成果改定用の計算サイトを公開しました。国及び地方公共団体等の公共測量等で標高成果の改定が必要な場合は、是非ご活用下さい。
   公共測量成果への対応については、下記のサイトをご確認ください。
◆公共測量成果への対応について
   http://psgsv2.gsi.go.jp/koukyou/public/hyoukoukaitei/index.html
◆標高成果改定における補正計算方法
   http://www.gsi.go.jp/sokuchikijun/hyokorev-calc.html

添付資料

問い合わせ先

国土交通省 国土地理院 〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
<三角点について>
測地部 測地基準課長         田中 博幸  029-864-4796(直通)
測地部 測地基準課長補佐      小門 研亮  029-864-4816(直通)
<公共測量成果への対応について>
企画部 測量指導課長         長谷川 裕之 029-864-6691(直通)
企画部 測量指導課長補佐      伊井 義人  029-864-4609(直通)

ページトップへ