文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 地理地殻活動研究センター  > 長野県北部の地震に伴う地表変形調査 最終更新日:2014年12月8日

長野県北部の地震に伴う地表変形調査

だいち2号SAR干渉画像に基づく地表変形現地調査(2014年12月3日作成)

地表変形確認箇所図国土地理院が解析を行った「だいち2号」(ALOS-2)のSAR干渉画像 の中には、衛星と地表間を結ぶ距離の変化を示す色が急激に変化する境界線が見られる。南部の白馬村では干渉領域と非干渉領域の境界線が都市圏活断層線と一致する箇所が多い一方、北部の小谷村では、干渉領域の中に色(干渉位相)の不連続線が見られる。この北部の小谷村内の位相不連続線の現地調査を2014年12月2日に実施し、2箇所(緑の楕円内)で地表変形を確認したので報告する。

※北側の緑の楕円内にある2つの水田の地図記号の内、北東のものは現在は畑となっている。
※なお、今後の詳細な分析により、解析結果が更新されることがあります。
 

小谷村泥崎の地表変形(平成26年12月2日確認)

長野県北安曇郡小谷(おたり)村泥崎の標高約600mの東向き斜面の道路、畑、水田の畦において、3本の亀裂を確認した(写真-1)。3本の亀裂の走向はN0°EからN25°Eで、長さ・幅ともに約30mの範囲で確認された。付近には開口亀裂も見られるが、東側のLine-1とLine-2の地表変形は、東側隆起が卓越している(写真-2、写真-3、写真-4)。3本の亀裂は、道路を横断しており、北の路肩や南の畑に続いている。特にLine-1とLine-2は畑を横断している。この南南西約100mの水田の畦にも東側隆起の段差亀裂が続いている(写真-5、写真-6)。これらは、Line-2またはLine-3の南部延長とみられる。

写真-1 小谷村泥崎付近で確認された3本の地表変形。東に向かって撮影

写真-1 小谷村泥崎付近で確認された3本の地表変形。東に向かって撮影。Line-1とLine-2は右(南)の畑の中まで変位が続いている。

 
写真-2 Line-1の道路上の地表変形。北に向かって撮影

写真-2 Line-1の道路上の地表変形。北に向かって撮影。アスファルトの東側が隆起している。

写真-3 Line-1の南側部分の地表変形。南東に向かって撮影

写真-3 Line-1の南側部分の地表変形。南東に向かって撮影。畑の南側の建物脇まで東側が隆起し、「雨天時に水たまりができるようになった」そうである。撮影時にも、西側(手前側)が湿っていた。

写真-4 Line-2の道路と畑の間の地表変形。東に向かって撮影

写真-4 Line-2の道路と畑の間の地表変形。東に向かって撮影。東側が隆起している。

写真-5 水田の畦にみられる東側隆起の段差亀裂。東に向かって撮影

写真-5 水田の畦にみられる東側隆起の段差亀裂。東に向かって撮影。高さは約1cm。Line-2またはLine-3の南部延長とみられる。

写真-6 水田の入り口にみられる東側隆起の段差亀裂。北東に向かって撮影

写真-6 水田の入り口にみられる東側隆起の段差亀裂。北東に向かって撮影。高さは約4cm。写真-5の段差亀裂に連続する。


千国駅付近の地表変形(平成26年12月2日確認)

千国(ちくに)駅改札口の南南西約40mの道路上にほぼ南北方向の走向を持つ東西短縮変形による路面の隆起と頂部亀裂を確認した(写真-7)。南北の長さは約10m。また、この道路の東に隣接した屋根付き歩道の一部が隆起し、頂部に亀裂が生じたことが確認された(写真-8)。東西短縮は2cm強、隆起は約10cm。
写真-7 大糸線千国駅(長野県北安曇郡小谷村)改札口南南西の道路上に見つかった路面の隆起。北に向かって撮影

写真-7 大糸線千国駅(長野県北安曇郡小谷村)改札口南南西の道路上に見つかった路面の隆起。北に向かって撮影。

写真-8 千国駅改札口から南へ続く屋根付き歩道上に見つかった隆起と頂部亀裂。北に向かって撮影

写真-8 千国駅改札口から南へ続く屋根付き歩道上に見つかった隆起と頂部亀裂。北に向かって撮影。


問い合せ先

国土地理院 地理地殻活動研究センター
地理地殻活動総括研究官 飛田幹男(TOBITA Mikio) 029-864-2477
地理情報解析研究室 室長 中島 秀敏(NAKAJIMA Hidetoshi)  029-864-5942
地理情報解析研究室 主任研究官 神谷 泉(KAMIYA Izumi) 029-864-5944
地理情報解析研究室 研究官 中埜 貴元(NAKANO Takayuki ) 029-864-6589

ページトップへ