文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2015報道発表資料  > 防災アプリの公募を27年度も実施  

防災アプリの公募を27年度も実施

報道発表内容

発表日時:2015年04月10日(金) 14時00分

誰もが活用できる防災地理空間情報の普及促進に向けて

国土交通省国土地理院
国土交通省水管理・国土保全局
内閣府(防災担当)
 

概要

 国土交通省国土地理院と水管理・国土保全局では、内閣府等と協力してスマートフォン等で動作する防災アプリケーション(以下「防災アプリ」という。)を、平成27年度も公募します。
 今年度は、「避難誘導支援」と「リスクコミュニケーション」の2つのテーマを募集対象とします。

詳細

 平成26年度に実施した公募の取組では、災害時に必要な防災に関する地理空間情報、防災アプリ開発への関心の高さなど、様々な知見を得ることができました。
 平成27年度は、この取組をよりいっそう発展させ、誰もが活用できる防災地理空間情報の普及促進に向けて、信頼性の高い情報を使いやすい形で提供するための防災地図共用データベースの整備を図るため、以下の2つのテーマについて防災アプリを公募します。

募集する防災アプリのテーマ(機能)

  • 避難誘導支援用防災アプリ
 災害の発生が差し迫っている場合や災害発生直後に安全で適切な場所へ避難誘導することを目的とするアプリ。
  • リスクコミュニケーション用防災アプリ
 平時から災害への備えを行うことを目的として、自分の住んでいる地域や任意の場所の自然災害に対するリスクを把握・理解し、適切な避難場所や対応方法等に関する共通理解を深め、学習することを目的とするアプリ。

上記2つのテーマ(機能)のうち、いずれか(両方でもよい)の機能を持つ防災アプリを募集対象とします。

募集期間

平成27年4月10日(金)から5月13日(水)までとします。募集の詳細につきましては、国土地理院のウェブサイトに掲載する募集要項をご覧ください。
国土地理院防災アプリ専用ウェブサイト:防災アプリケーションの公募の取組

 応募・提出いただいた防災アプリを対象に、学識経験者等による審査委員会で審査を行い、優れた機能を持つ防災アプリを選定し、表彰します。
 また、選定された防災アプリを用いて、神奈川県鎌倉市において実証実験を行うとともに、様々な機会を捉えて紹介等を行い、防災アプリの普及促進を図ります。

添付資料

問合せ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番 
 国土交通省国土地理院 応用地理部
  環境地理情報企画官 村岡 清隆  TEL:029-864-6269(直通)
  専門調査官       中澤  尚   TEL:029-864-6816(直通)
                          FAX:029-864-1804
 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ