文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2017年 報道発表資料  > 地形図の修正にはじめてビッグデータを活用  

地形図の修正にはじめてビッグデータを活用

- 登山者の移動経路情報を提供いただける企業・団体を募集 -

発表日時:2017年10月19日 14時00分

 国土地理院は、登山者がスマートフォンやハンディGPS受信機で取得した移動経路情報などのビッグデータを活用した地形図の修正を開始します。
 そのため、地形図の登山道の修正に必要な登山者が取得した移動経路情報などを提供いただける企業、団体を募集します。
 ビッグデータを活用することで、登山道をより迅速に修正し、正確な地形図を提供できるようになります。



 国土地理院では、2万5千分1地形図などの地図情報を整備しており、国の基本図として様々な用途で利用されています。このうち、登山道の情報は一般登山者をはじめ民間地図のベースとしても利用されており、安全な登山には必要不可欠な情報です。しかし、地形図の登山道を修正するためには、現地調査など多くの時間と労力を要しています。

 近年、スマートフォンの登山用アプリ利用者の増加、インターネットの登山情報共有サービスの普及により、多くの移動経路情報を含む登山記録が収集、公開されています。国土地理院では、初の試みとして、これらの情報を活用して地形図の登山道の修正を開始することにしました。
 そのため、登山者の移動経路情報を無償で提供いただける企業及び団体の募集を行います。

 今後、来年の夏山シーズンに向けて登山者の利用が多い主要な山域から登山道の修正を開始し、より正確な登山道の情報を地形図に表示して提供する予定です。

 企業及び団体の募集の詳細は、以下のURLをご確認ください。
 www.gsi.go.jp/kihonjohochousa/kihonjohochousa41065.html

添付資料

問合せ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
 国土交通省国土地理院 基本図情報部
  地名情報課長     大塚 孝治 TEL 029-864-5908(直通)  FAX 029-864-6296
  地名情報課長補佐  水田 良幸 TEL 029-864-6907(直通)  FAX     〃
 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ