文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > 潮位を測る(験潮)  > 潮位データ提供 国土地理院験潮場一覧  

潮位データ提供 国土地理院験潮場一覧

験潮場の位置。詳細を見るには、各験潮場を選択して下さい。
油壺験潮場 油壺験潮場 細島験潮場 輪島験潮場 忍路験潮場 海南験潮場 浅虫験潮場 鼠ヶ関験潮場 柏崎験潮場 鬼崎験潮場 田後験潮場 勝浦験潮場 勝浦験潮場 三国験潮場 久礼験潮場 男鹿験潮場 阿久根験潮場 須佐験潮場 仮屋験潮場 相馬験潮場 伊東験潮場 伊東験潮場 小木験潮場 沖縄験潮場 田子験潮場 田子験潮場 焼津験潮場 焼津験潮場 奥尻験潮場 飛島験潮場

験潮場名 所在地 北緯 東経 験潮儀
の種類
観測基準
面常数
(m)
固定点の
標高
(m)
開設年月
1 油壺 神奈川県三浦市三崎町 35°10' 139°37' G.S.A.T 5.000 2.4163 1894年7月
2 細島 宮崎県日向市細島町 32°26' 131°40' G.S.A.T 5.000 2.7281 1894年1月
3 輪島 石川県輪島市輪島崎町 37°24' 136°54' G.S.A.T 3.000 2.1111 1894年1月
4 忍路 北海道小樽市忍路 43°13' 140°52' G.S.A.T 3.000 1.6906 1905年11月
5 海南 和歌山県海南市冷水 34°09' 135°12' G.S.A.T 5.000 2.8193 1953年2月
6 浅虫 青森県青森市浅虫 40°54' 140°52' G.S.A.T 4.000 3.0646 1954年5月
7 鼠ヶ関 山形県鶴岡市鼠ヶ関 38°34' 139°33' G.S.A.T 3.000 2.1056 1955年3月
8 柏崎 新潟県柏崎市鯨波 37°21' 138°31' G.S.A.T 4.000 2.7204 1955年6月
9 鬼崎 愛知県常滑市港町 34°54' 136°49' G.S.A.T 7.000 4.5810 1963年1月
10 田後 鳥取県岩美郡岩美町 35°36' 134°19' G.S.A.T 4.000 1.9997 1966年1月
11 勝浦 千葉県勝浦市興津 35°08' 140°15' G.S.A.T 5.000 2.0053 1967年6月
12 三国 福井県坂井市三国町 36°15' 136°09' G.S.A.T 3.000 1.1991 1967年12月
13 久礼 高知県高岡郡中土佐町 33°20' 133°15' G.S.A.T 5.000 2.8246 1972年6月
14 男鹿 秋田県男鹿市戸賀塩浜 39°57' 139°42' G.S.A.T 3.000 2.4952 1970年1月
15 阿久根 鹿児島県阿久根市波留 32°01' 130°11' G.S.A.T 6.000 2.7890 1970年7月
16 須佐 山口県萩市 34°38' 131°36' G.S.A.T 4.000 2.5552 1992年1月
17 仮屋 佐賀県東松浦郡玄海町 33°28' 129°51' G.S.A.T 5.000 2.5220 1972年2月
18 相馬 福島県相馬市原釜 37°50' 140°58' G.S.A.T 7.000 3.3935 1973年5月
19 伊東 静岡県伊東市富戸 34°54' 139°08' G.S.A.T 5.000 2.8396 1973年7月
20 小木 新潟県佐渡市小木町 37°49' 138°17' G.S.A.T 3.000 1.5140 1973年8月
21 沖縄 沖縄県南城市 26°11' 127°49' G.S.A.T 5.000 2.8262 1975年8月
22 田子 静岡県賀茂郡西伊豆町 34°48' 138°46' G.S.A.T 5.000 2.4982 1977年8月
23 焼津 静岡県焼津市中港 34°52' 138°20' G.S.A.T 5.000 1.8848 1977年8月
24 奥尻 北海道奥尻郡奥尻町 42°05' 139°29' G.S.A.T 3.000 2.0009 1994年12月
25 飛島 山形県酒田市飛島 39°11' 139°33' G.S.A.T 4.000 1.9021 1995年3月
  • 験潮儀の種類「G.S.A.T」とは験潮自動化集中管理システムのことです。
  • 固定点の標高は、過去に何度か改定しています。改定の変遷をご覧ください。
  • 東京湾平均海面(TP)を基準とした潮位への計算方法は、「験潮の解説」をご覧ください。
  • 陸地測量部所管(当時)の験潮場一覧はその他の潮位データ提供をご覧ください。
    陸地測量部が所管していたこれらの験潮場は、1924年(大正13年)に当時の文部省海洋気象台へ移管されました。

ページトップへ