文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > 日本列島の地殻変動  > 特集・平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震から3年  

特集・平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震から3年

GEONETによる観測結果

発表日時:平成26年3月11日(火)

地震時の地殻変動と地震前から3年間の地殻変動

 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の発生により、牡鹿半島周辺で、水平方向で5mを超える地殻変動が観測され、地震後も続く滑りにより、地震前から3年間の累積の地殻変動は、牡鹿半島周辺で、6mを超えています。
 上下方向では、東北地方の太平洋沿岸で、大きな沈降が観測され、牡鹿半島周辺では、1mを超える沈降が観測されています。地震後は隆起に転じていますが、地震前から3年間の累積では、牡鹿半島周辺で、90cm近い沈降となっています。
 なお、当ページの資料では、GEONETの最終解を基に地殻変動を計算しており、本震前後の図についても余効変動を十数時間分含んだものになっています。

水平変動量(本震前後)水平変動量(本震前から1年間の累積)水平変動量(本震前から2年間の累積)水平変動量(本震前から3年間の累積)
水平変動量(本震前後) 水平変動量(本震前から1年間の累積) 水平変動量(本震前から2年間の累積) 水平変動量(本震前から3年間の累積)

上下の変動量(本震前後)上下の変動量(本震前から1年間の累積)上下の変動量(本震前から2年間の累積)上下の変動量(本震前から3年間の累積)
上下の変動量(本震前後) 上下の変動量(本震前から1年間の累積) 上下の変動量(本震前から2年間の累積) 上下の変動量(本震前から3年間の累積)

沿岸の観測局の変動量の一覧沿岸の観測局の位置図
沿岸の観測局の変動量の一覧 沿岸の観測局の位置図

地震後の太平洋プレート境界面におけるすべり分布

 国土地理院のGNSS観測による地震後の地殻変動データから、太平洋プレート上面における地震後のすべり分布を推定しました。この結果、本震の周辺では地震後にすべりが起きていることがわかりました。これまでに解放されたモーメントのマグニチュードは8.6(Mw)を超えましたが、解放速度は次第に小さくなっています。

プレート境界面上の滑りの時間変化(1)プレート境界面上の滑りの時間変化(2)プレート境界面上の滑りの時間変化(3)
プレート境界面上の滑りの時間変化(1) プレート境界面上の滑りの時間変化(2) プレート境界面上の滑りの時間変化(3)

関連リンク


図の一部は、GMT(Generic Mapping Tool [Wessel, P., and W.H.F. Smith, New, improved version of Generic Mapping Tools released, EOS Trans. Amer. Geophys. U., vol.79 (47), pp.579, 1998]) を使用して作成した。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ