文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図・空中写真・地理調査  > 主題図(地理調査)  > 治水地形分類図  

治水地形分類図

治水地形分類図の概要

 治水地形分類図は、治水対策を進めることを目的に、国が管理する河川の流域のうち主に平野部を対象として、扇状地、自然堤防、旧河道、後背湿地などの詳細な地形分類及び河川工作物等が盛り込まれた地図です。

 治水地形分類図の初期整備図は、昭和51年度~昭和53年度にかけて作成されました(以下「初版」という。)。
 また、一部図式の変更を行うなどし、平成19年度から更新図を作成中です(以下「更新版」という。)。

 治水地形分類図は2万5千分1地形図と同じ図郭で作成しています。

 治水地形分類図の、水系別の作成一覧表及び地方別・水系別の作成一覧図は、左バナーから参照ください。

治水地形分類図の作成・公開

「治水地形分類調査」は、河川堤防の立地する地盤条件を包括的に把握し、さらに詳細な地点調査を行うための基礎資料を得ること、および氾濫域の土地の性状とその変化の過程や地盤高などを明らかにすることを目的として、昭和51年度から昭和53年度にかけて実施された調査です。

「治水地形分類調査」は、昭和51年の台風17号による長良川の破堤で大きな被害を受けたのを契機として、堤防の安全性の再確認を行う気運が高まったことを背景として実施されました。この調査の成果をまとめて「治水地形分類図(初版)」が作成されました。

 治水対策を目的として整備された治水地形分類図は、地形分類項目のハザードマップへの応用や地盤調査の基礎資料等への利用の有効性等、広く一般の利用にも応えるため、平成17年8月から国土地理院のホームページで公開しています。

 また、昭和50年代初めに作成されて以降、既に30年以上経過していることから、平成19年度からその内容を見直し更新する作業に着手(本格着手は平成21年度)しており、更新した治水地形分類図(更新版)についても、順次公開しています。

治水地形分類図の内容

治水地形分類図は、大別して「地形分類」と「河川管理施設」から構成されています。

地形分類は「自然地形」「人工改変地形」及び「その他の地形等」に分類されています。
昭和50年代に作成した初版は、基図や河川管理施設等の情報が古くなったことから、現在更新版を整備中です。この更新版の「解説書」を紹介します。
 

 

治水地形分類図の入手について

治水地形分類図は、旧1/25,000地形図区画毎の画像データを、図名一覧のページからダウンロードすることが出来ます。
ご利用は、国土地理院コンテンツ利用規約に同意してください。。

 

また、(一財)日本地図センターが複製(プリント印刷)販売を行っています。
詳しくは、治水地形分類図の通信販売での購入についてをご参照ください。

お問い合わせ先

治水地形分類図に関するお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」から、お願いします。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ