文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2016年 報道発表資料一覧  > 時系列の浸水想定情報等を活用した防災アプリを公募  

時系列の浸水想定情報等を活用した防災アプリを公募

発表日時:2016年6月17日 14時00分

国土交通省国土地理院
国土交通省水管理・国土保全局
内閣府(防災担当)
 
時系列の浸水想定情報等を活用した防災アプリを公募
-防災に関する地理空間情報の更なる活用推進を目指す-

 
 国土地理院と水管理・国土保全局は6月17日より7月20日まで、内閣府等と協力して、防災に関する地理空間情報の活用とオープンデータ化を推進するため、スマートフォン等で動作する防災に役立つアプリケーション(以下「防災アプリ」という。)の公募を行います。平成28年度は、時系列の浸水想定情報等を活用した洪水ハザードマップをテーマとする防災アプリを募集します。

 ハザードマップ等に掲載されるような防災に関する地理空間情報は、住民一人ひとりが周囲の災害リスクを理解し、命を守る行動をとるために非常に有効な情報です。国土交通省は多くの防災に関する地理空間情報を保有しており、近年、オープンデータ化に向けた検討を進めています。
 このような防災に関する地理空間情報の更なる活用を進めるとともに、より「利用しやすい」データの提供方法を検討するため、これらの情報等を活用した防災アプリを公募・表彰いたします。
 本取組は平成26年度から継続して実施していますが、今回は、国土交通省が提供している「地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)」及びこれを利用するためのAPI(※1)について、開発者の創意工夫により効果的に活用した防災アプリを公募します。

 (※1)API:アプリケーションプログラムインターフェイスの略で、アプリケーションの開発者が、他のソフトウェアの提供している機能を利用するためのプログラム上の手続きを定めた規約の集合。個々の開発者は、自分でプログラミングすることなくその機能を利用したアプリケーションを作成することができる。

募集期間

募集の期間は、平成28年6月17日(金)から7月20日(水)までとします。募集の詳細につきましては、国土地理院のウェブサイトに掲載する募集要項をご覧ください。
国土地理院防災アプリ専用ウェブサイト:http://www.gsi.go.jp/kikaku/bousai-app.html

 応募・提出いただいた防災アプリを対象に、学識経験者等による審査委員会で審査を行い、優れた機能を持つ防災アプリを選定し、表彰します。また、「地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)」等の防災に関する地理空間情報及びAPIについては公募終了後も継続して利用可能としますので、応募した防災アプリを引き続き一般公開(有償・無償を問わず)することが可能です。

添付資料

問合せ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番 
 国土交通省国土地理院 応用地理部
  環境地理情報企画官 山本 洋一  TEL:029-864-6269(直通)
  専門調査官       中澤  尚   TEL:029-864-6916(直通)
  防災地理課長補佐   小島 脩平   TEL:029-864-6922(直通)
                          FAX:029-864-1804

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ