文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基本測量  > 空中写真による2万5千分1地形図の作成方法  > 撮影  

撮影

空中写真

上空から真下を撮影した写真

  地形図作成に使用する空中写真は、上空から真下を撮影した写真を使用します。

デジタル航空カメラ

航空機に登載されたカメラデジタルカメラ

 
地図作成用の空中写真は、測量用航空機に搭載されたデジタル航空カメラで撮影します。
デジタル航空カメラは撮影機体下部にあけられた穴に設置され、真下を撮影できるようになっています。

撮影(撮影イメージと撮影コース)

撮影のイメージ画像
 
撮影は、隣接する写真が60%程度重なり合うように行います。
これにより地上を立体的に見ることができ、高さを計測したり、等高線を描くことができるようになります。

撮影方法の図
 
地図を作成する範囲をUターンを繰り返しながら撮影します。
隣接するコースが30%程度重複して撮影します。

撮影(機内の様子)

撮影中の機内
 
操縦士は、あらかじめ決められた撮影コースに沿って飛行します。
撮影士は、コンピュータ制御のデジタル航空カメラを操作し、空中写真を撮影します。

ページトップへ