文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基本測量  > 空中写真による2万5千分1地形図の作成方法  

空中写真による2万5千分1地形図の作成方法

 国土地理院が提供している2万5千分1地形図は、統一した規格で全国をカバーしている最も縮尺の大きな国の基本図で、行政、教育、レクリェーション等多方面に利用されています。
 国土地理院では、内容が古くなったときは随時地形図を面的に更新して利用者の皆様に最新の地理情報を提供しています。
 面的な更新には、より詳細な地図を背景にして更新する方法と地図がない場合、空中写真をもとに更新する方法があります。
 ここでは、空中写真によりどのように2万5千分1地形図を面的に更新しているか、その方法を紹介します。


2万5千分1地形図作成の進め方

撮影の説明撮影 右向き矢印 現地調査の説明現地調査 右向き矢印 図化の説明図化 右向き矢印 編集の説明編集 右向き矢印 提供方法の説明提供

画像をクリックしていただくと、地形図作成の解説ページが開かれます。

ページトップへ