文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 国土地理院の防災業務  > 1. 国土地理院の防災業務  

1. 国土地理院の防災業務

国土の基本的な地理空間情報を提供する
【位置の基準を定め、位置を測るための社会資本を整える】
  • 地球上における我が国の位置の基準を定める
  • だれでも位置が測れる環境を提供する
【基本的な地図や地表画像を整え、提供する】
  • 地形や地物の現状を把握し、基本図等に表現して提供する
  • 過去の基本図等を貴重な国土の記録として管理・提供する
  • 世界各国と協力して地球地図を整備する

○明治期以降100年以上にわたり集めてきた、測量データや地形・土地条件変化の情報を使って、防災・減災対策に貢献しています。

○「災害対策基本法」に基づく「指定行政機関」として、地殻変動の監視、災害対策等に必要な基礎資料となる地理情報の整備、地震調査研究の推進を行っています。

水準測量が捕らえた関東大震災直後の垂直変動

大正12年(1923年)9月1日の関東大地震の後、国土地理院の前身である陸地測量部は直ちに震災地の復旧測量を行いました。
水準測量の結果から、この地震に伴い、大磯や房総半島南端で1mから2mに及ぶ地殻変動があったことが明らかになりました。
関東大地震被災地の写真
国立科学博物館提供
大正十二年関東大地震地盤変動要図
大正十二年関東大地震地盤変動要図

地図は悪夢を知っていた

現在の地表面の形状から、洪水、高潮など、そこに発生する自然災害を推測することができます。
昭和34年(1959年)9月26日夜、東海地方は伊勢湾台風に襲われ、木曽川、揖斐川、長良川の下流では、高潮などによる浸水で死者・行方不明者約5,000人を数える被害が発生しました。
この年の10月に地元の新聞に「地図は悪夢を知っていた」と題する記事が掲載されました。これは、災害が発生する前に実施された濃尾平野の水害地形分類調査における洪水危険予想区域が、台風による被害地域と一致したことを報ずるものでした。
伊勢湾台風を契機に、災害に対する事前調査の必要性が認識され、昭和35年(1960年)から土地の性状、成因、地盤の高低、干拓・埋立などの歴史を調査し、地図にまとめる土地条件調査が開始されました。
昭和34年10月11日付中部日本新聞
昭和34年10月11日付中部日本新聞

目次へ次のページへ

ページトップへ