文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 国土地理院の防災業務  > 2. 地図が表す災害の予測  

2. 地図が表す災害の予測

災害は何時どこで起こるか分かりません、もしかして近くに危険な箇所が有るかもしれません。減災のためには土地の災害に対する脆弱性を読み取れる地図が必要です。さらに安全な避難場所の情報を盛り込んだハザードマップが減災につながります。
国土地理院は、各種ハザードマップの基礎資料となる防災に関する地理空間情報を表示した地図(主題図)を整備しています。
主な主題図を下記のとおり紹介します。

標高地形図

標高地形図

標高地形図の特徴(東京都区部の例)
 東京都区部は、西側には武蔵野台地が広がり、東側には荒川下流域の標高ゼロメートル地帯の低地(青色が濃くなるほど水面に近い高さです)が広がっていることがわかります。
 荒川下流域は、ほとんどが標高ゼロメートル以下の低地であり、高潮や洪水等の災害への備えが必要な地域であることがよくわかります。

都市圏活断層図

都市圏活断層図
阿寺断層写真
中津川市坂下の南東上空より北西方向の阿寺断層を撮影
(1979年秋に岡田篤正氏撮影)

都市圏活断層図の特徴
 地震対策の基礎情報となり、内陸部の活断層、活撓曲(かつとうきょく)の詳細な位置、地形の区分などを2万5千分の1の縮尺で表示しています。

火山土地条件図

火山土地条件図
伊豆大島写真
(1990(平成2)年撮影、写真提供は東京都島しょ振興公社)

火山土地条件図の特徴
  火山対策の基礎情報となり、火山活動によって形成された溶岩地形、火砕流、泥流や火山観測施設、防災関連施設などを1万5千分の1~5万分の1の縮尺で表示しています。

土地条件図

土地条件図福岡の一部
土地条件図「福岡」(左)(赤丸周辺は埋立地)と 福岡県西方沖地震による百地浜の液状化

土地条件図の特徴
 風水害、地震対策や土地利用計画・開発等に必要な土地に関する自然条件の基礎情報となる。地形分類、地盤高(1m間隔)、主な防災関係機関を2万5千分の1の縮尺で表示しています。

ページトップへ