文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 口永良部島の火山活動に関する情報  > 口永良部島へGNSS火山変動リモート観測装置(REGMOS)を設置しました。  

口永良部島へGNSS火山変動リモート観測装置(REGMOS)を設置しました。

 REGMOSは、GNSS受信機、太陽電池及び衛星電話回線による通信機能をもつ自律型の観測装置で、観測データを自動的に国土地理院(茨城県つくば市)に送信するものです。
 今回、国土地理院では2015年6月12日、口永良部島本村(鹿児島県屋久島町)にREGMOS(M口永良部島)を設置しました。これにより地殻変動の様相を明らかにし、火山活動の推移を監視していきます。

問い合わせ先

国土地理院
測地部機動観測課課長    千早 昭二 (直通 029-864-5977)
測地部機動観測課課長補佐  安藤 久  (直通 029-864-6278)

関連サイト

口永良部島周辺のGNSS連続観測結果
REGMOSを含む基線変化グラフを確認することができます。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ