文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 三宅島関連  > 三宅島・雄山の火口を合成開口レーダにより観測  > 合成開口レーダ画像  

合成開口レーダ画像

 平成12年9月28日、三宅島雄山火口より高度4250m水平距離4km離れた上空より国土地理院SARにより観測した画像。
 国土地理院、日本電気株式会社、本田航空株式会社の3者による共同観測

SAR画像3

三宅島SAR画像
東側のSAR画像
←東から照射
三宅島 西 SAR画像



西側のSAR画像
西から照射→
三宅島 東 SAR画像(分解能12m)



火口周辺の標高段彩図標高の凡例
火口周辺 DEM画像
(分解能10m)

火口周辺のSAR画像
西から照射→
火口周辺 オルソ画像
(分解能10m)

「全島SAR画像」は、火口中心より4km離れた位置、東方向・西方向から観測した画像です。
解析処理は、地上分解能1.5mで行っていますが、表示画像は12m分解能で表示されています。
「火口周辺DEM画像」は、2アンテナ観測により得た情報から、DEM作成した画像です。分解能は10mです。
「火口周辺オルソ画像」は、「全島SAR画像」を「火口周辺DEM画像」を使ってオルソ化した画像です。分解能は、10mです。

ページトップへ