文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 国土地理院概要  > 国土地理院について  

国土地理院について

沿革

 国土地理院は、明治2年(1869年)に民部官に設置された庶務司戸籍地図掛をその起源とし、その後内務省地理局、参謀本部陸地測量部、内務省地理調査所などを経て、昭和35年(1960年)に現在の国土地理院と改称しました。
 昭和54年(1979年)に筑波研究学園都市へ移転し、昭和59年(1984年)に国家行政組織法の改正に伴い、建設省の特別の機関、平成13年(2001年)の中央省庁再編による国土交通省の発足に伴い、同省の特別の機関となり、今日に至っています。
沿革

ページトップへ