文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2015年 報道発表資料  > 「統合災害情報システム(DiMAPS)」の運用を開始しました~災害情報をより早く、わかりやすく~  

「統合災害情報システム(DiMAPS)」の運用を開始しました~災害情報をより早く、わかりやすく~

発表日時:2015年9月1日(火)

 国土交通省では、本日より「統合災害情報システム(DiMAPS)」の運用を開始しました。

【統合災害情報システム(DiMAPS)とは】
(Integrated Disaster Information Mapping System)
  • 統合災害情報システムは、地震や風水害などの自然災害発生時に、いち早く現場から災害情報を集約して地図上に分かりやすく表示することが出来る、今までにない全く新しいシステムです。
  • 本システムの運用により、災害現場からの情報収集や防災関係機関との情報共有、国民の皆様への情報提供等、様々な場面での活用が期待されます。

資料

問い合わせ先

(全般)
国土交通省 水管理・国土保全局防災課 災害対策室
緊急災害対策企画調整官 吉岡
TEL:03-5253-8111(内線 35-762)
   03-5253-8461(直通)
(システム関係)
国土交通省国土地理院 防災企画調整室
防災企画調整官 長谷川
TEL:03-5253-8111(内線 59-375)
   03-3508-4614(直通)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ