文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 報道発表資料  > 平成20年(2008年) 岩手・宮城内陸地震による被災地の空中写真を公開  

平成20年(2008年) 岩手・宮城内陸地震による被災地の空中写真を公開

荒砥沢ダム上流の滑落崖の最大落差は148m
土砂が水平距離300m以上移動した箇所を確認

発表日時:平成20年6月16日(月)14時00分

 平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震による被災地について、6月15日に緊急のカラー空中写真(撮影縮尺1万分1)撮影を実施しました。

 撮影した空中写真を用いて計測した結果、荒砥沢ダム上流の崩落地の最大落差は148mでした。また、この崩落地の中で、土砂が水平距離で300m以上も移動した箇所を確認しました。

 空中写真の撮影は、海上自衛隊の協力を得て、測量用航空機「くにかぜ」により実施しました。撮影した写真は、16日14時より国土地理院ホームページ上で順次公開します。

 また、6月17日から、国土地理院(つくば市)、国土地理院関東地方測量部(東京都千代田区)及び国土地理院東北地方測量部(仙台市)で閲覧することができます。

 地図上をクリックすると、写真が表示されることがあります。
 なお、雲の影響により6月15日に撮影できなかった地域があることから、6月16日にも同じ地域について空中写真を撮影しました。

<参考>
 正射写真図 「正射写真図」とは、空中写真を地図と重なるように処理し、つなぎ合わせて、地図の情報(特に地名や等高線)と重ねて表示できるようにして、写っている内容を誰にでもわかりやすくしたものです。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
測図部 画像調査課長    山後(さんご)公二  TEL:029-864-4884
測図部 測図技術開発室長 大野(おおの)裕幸  TEL:029-864-5911

地理院ホームへ

ページトップへ