文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ  > 日本列島の地殻変動  > 地殻変動に関する報道発表等  > 2008年発表  > 平成20年(2008年)6月14日08時43分ころの岩手・宮城内陸地震に伴う地殻変動(第1報)  

平成20年(2008年)6月14日08時43分ころの岩手・宮城内陸地震に伴う地殻変動(第1報)

発表日時:平成20年6月14日(土)16時30分

概要

 6月14日の岩手・宮城内陸地震(M7.2、最大震度6強)に伴う地殻変動を電子基準点で検出しました。

 6月14日08時43分ころに発生した岩手・宮城内陸地震(M7.2、深さ約8km、最大震度6強)に伴う地殻変動が、岩手県、宮城県、秋田県などを中心とする東北地方に設置されている電子基準点(GPS連続観測点)で検出されました。水平変動は、電子基準点「皆瀬」(秋田県湯沢市)で東南東方向へ約29cm、電子基準点「平泉」(岩手県平泉町)で西北西へ約15cmでした。これは今回の地震の発震機構が、「西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型(気象庁発表)」とする考え方と整合的です。

 なお、震央付近の電子基準点「栗駒2」(宮城県栗原市)のデータは、現在取得できていません。

 国土地理院では、今後も電子基準点観測データにより地殻変動の監視を継続的に続けるとともに、震源断層モデルを推定する予定です。

資料

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院
測地観測センター  地殻監視課長   飯村 友三郎  TEL 029-864-5971
測地観測センター  地震調査官    中川 弘之   TEL 029-864-4825
東北地方測量部   次長       阿部 馨    TEL 022-293-7732
東北地方測量部   防災情報管理官  板橋 昭房   TEL 022-293-7732

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ