文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震  > 浸水範囲の土地利用  

浸水範囲の土地利用

津波浸水範囲の土地利用


概要
 国土地理院では、3月12、13、19日及び4月1、5日に撮影した空中写真並びに3月19日撮影衛星画像を用いて津波浸水範囲の判読を行い、この判読結果と国土数値情報の土地利用細分メッシュデータとを組み合わせ、浸水範囲の土地利用図を作成しました。 その後、千葉県等で撮影された空中写真及び3月18日と29日に観測された衛星画像による福島県南部から千葉県九十九里浜沿岸の判読結果を追加し、全域の判読を完了したことに伴い(
http://www.gsi.go.jp/kikaku/kikaku60003.html)、浸水範囲の土地利用図も更新しました。
 なお、土地利用区分については、国土交通省国土計画局が公表している国土数値情報「土地利用細分メッシュデータ」(平成18年度)を原データとして、いくつかの項目をまとめて、「土地利用区分について」に示したように再区分したものです。

図の一覧
浸水範囲の土地利用 広域図1(青森県、岩手県;PDF 1.5MB, A1判)
浸水範囲の土地利用 広域図2(宮城県、福島県;PDF 1.8MB, A1判)
浸水範囲の土地利用 広域図3(茨城県、千葉県;PDF 1.6MB, A1判)
浸水範囲の土地利用 図1(PDF)
浸水範囲の土地利用 図2(PDF)
浸水範囲の土地利用 図3(PDF)
浸水範囲の土地利用 図4(PDF)
浸水範囲の土地利用 図5(PDF)
浸水範囲の土地利用 図6(PDF)
浸水範囲の土地利用 図7(PDF)
浸水範囲の土地利用 図8(PDF)
浸水範囲の土地利用 図9(PDF)
浸水範囲の土地利用 図10(PDF)
浸水範囲の土地利用 図11(PDF)
浸水範囲の土地利用 図12(PDF)
浸水範囲の土地利用 図13(PDF)
浸水範囲の土地利用 図14(PDF)
浸水範囲の土地利用 図15(PDF)
浸水範囲の土地利用 図16(PDF)
浸水範囲の土地利用 図17(PDF)
浸水範囲の土地利用 図18(PDF)
浸水範囲の土地利用 図19(PDF)
浸水範囲の土地利用 図20(PDF)
浸水範囲の土地利用 図21(PDF)

土地利用区分について

本調査における
土地利用区分

「国土数値情報 土地利用細分メッシュデータ」の土地利用種別

土地利用種別

定義

建物・
幹線交通用地

建物用地

建物用地

住宅地・市街地等で建物が密集しているところとする。

幹線交通用地

幹線交通用地

道路・鉄道・操車場などで、面的に捉えられるものとする。

その他の用地

その他の用地

運動競技場、空港、競馬場・野球場・学校港湾地区・人工造成地の空地等とする。

田・その他の
農用地・森林・
荒地・ゴルフ場

湿田・乾田・沼田・蓮田及び田とする。

その他の農用地

麦・陸稲・野菜・草地・芝地・りんご・梨・桃・ブドウ・茶・桐・はぜ・こうぞ・しゅろ等を栽培する土地とする。

森林

多年生植物の密生している地域とする。

荒地

しの地・荒地・がけ・岩・万年雪・湿地・採鉱地等で旧土地利用データが荒地であるところとする。

ゴルフ場

ゴルフ場のゴルフコースの集まっている部分のフェアウエイ及びラフの外側と森林の境目を境界とする。

河川地及び湖沼・
海浜・海水域

河川地及び湖沼

人工湖・自然湖・池・養魚場等で平水時に常に水を湛えているところ及び河川・河川区域の河川敷とする。

海浜

海岸に接する砂、れき、岩の区域とする。

海水域

隠顕岩、干潟、シーパースも海に含める。

「国土数値情報 土地利用細分メッシュデータ」の土地利用種別の内容と定義は、国土交通省国土計画局のウェブページより引用

 

ページトップへ