文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ  > 日本列島の地殻変動  > 地殻変動に関する報道発表等  > 2016年発表  > 11月22日05時59分に福島県沖で発生した地震に伴う地殻変動について  

11月22日05時59分に福島県沖で発生した地震に伴う地殻変動について

概要

 11月22日05時59分に福島県沖で発生した地震(M7.4、最大震度5弱)に伴う地殻変動を精査しました。

 平成28年11月22日05時59分に福島県沖で発生した地震について、震源域周辺の電子基準点で観測された6時間分のデータを解析した結果、震源に近い電子基準点「小高(おだか)」(福島県南相馬市)が北西方向に約5cm(暫定値)変動したのをはじめ、「S南相馬A(SみなみそうまA)」や「楢葉A(ならはA)」で約4cm(暫定値)の変動など、福島県の沿岸周辺で地殻変動が観測されました。これは前回掲載したリアルタイム解析結果と同様な結果です。また、地震の発震機構を「北西-南東方向に張力軸を持つ正断層型(速報)」(気象庁発表)とする考え方と整合的です。
 上下方向についても地殻変動を検出している可能性はありますが、データにばらつきがあるため、引き続き精査をしてまいります。なお、現在までのところ電子基準点には傾斜などの異常は確認されていません。
 今後も注意深く電子基準点による地殻変動の監視を続けていきます。

添付資料

概要

 11月22日05時59分に福島県沖で発生した地震(M7.4、最大震度5弱)に伴う地殻変動が観測されました。

 平成28年11月22日05時59分に福島県沖で発生した地震について、震源域周辺の電子基準点で観測されたデータをリアルタイムで解析した結果、添付資料のとおり、震源に近い電子基準点「小高(おだか)」(福島県南相馬市)が北西方向に概ね5cm程度(暫定値)変動したのをはじめ、福島県の沿岸周辺で地殻変動が観測されました。
 ただし、この値は観測点の傾斜や局所的な地盤の変動の影響を受けている可能性があり、また、リアルタイム解析は通常の解析に比べ精度が低いため、今後の精査によって解析結果を更新する予定です。
 今後も注意深く電子基準点による地殻変動の監視を続けていきます。

添付資料

11月22日福島県沖の地震のリアルタイム解析結果
〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院
測地観測センター  地殻監視課長    千早 昭二  TEL 029-864-5971(直通)
          地殻監視課長補佐  菅 富美男  TEL 029-864-6259(直通)
                           FAX 029-864-8381

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ