文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > 国土地理院 地磁気測量  > 登山の地図が使いやすくなります  

登山の地図が使いやすくなります

発表日時:2016年12月1日(木)14時00分

~最新の全国地磁気情報が初めて電子データで利用可能に~
 
 国土地理院は12月1日に、最新の全国地磁気情報を表した「磁気図2015.0 年値」を5年ぶりに公表します。登山で地図を使う際に重要な方位磁石の北と地図の北とのずれ(偏角)が地理院地図などで閲覧できるほか、新たに電子データをホームページから無償で提供します。ダウンロードした偏角の情報をGISのソフトウェアやスマホの登山用アプリなどで利用することで、登山などの地図が使いやすくなります。
 
 「磁気図」は、1970 年より定期的に整備している全国の地磁気情報を表した図で、今回公表する「磁気図2015.0 年値」は、2015 年1月1日における最新の情報となります。これらの情報は、国土地理院の地形図に表記されるほか、地理院地図でいつでもどこでも確認することができます。さらに、今回から新たに電子データをホームページから無償で提供します。

 私たちは方角を知るときに方位磁石を使います。しかし、実は方位磁石が示す北は地図の北からずれており、しかもそのずれ(偏角)は場所や時間によって変わります。例えば、札幌では方位磁石の向きが地図の北よりも約9度西にずれますが、那覇ではそのずれは約5度になります。登山などをする際に正しい偏角の情報を知らなければ、地図の向きが合わずに道に迷うおそれがあります。また、飛行機の航路を決めたり、日影制限のための建物の北側を決めたりする際にも、偏角の情報が利用されています。今回提供するデータをGIS のソフトウェアやスマホのアプリなどで活用することで、地図がより安全・安心に使いやすくなります。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
 国土交通省 国土地理院 測地部物理測地課
        課長     矢萩 智裕 TEL 029-864-4767 (直通)
        課長補佐  松尾 健一 TEL 029-864-4774 (直通)
                        029-864-1802 (FAX)

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ