文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 国土交通省ハザードマップポータルサイト  > 防災に役立つ様々な情報をより簡単に調べられるようになりました 最終更新日:2016年6月7日

防災に役立つ様々な情報をより簡単に調べられるようになりました

2016年6月6日に「国土交通省ハザードマップポータルサイト(http://disaportal.gsi.go.jp/)」(注)をリニューアルしました。
主なポイントは次の3点です。
  • 地図上での位置指定や住所入力により、任意地点の自然災害リスクをまとめて確認できるようになりました。
  • スマートフォン等のGPS機能を利用し、現在いる位置の防災に役立つ様々な情報を簡単に確認できるようになりました。
  • 津波浸水想定区域を新たに掲載しました。

(注)国土交通省ハザードマップポータルサイト
災害時の避難や、事前の防災対策に役立つ情報を公開しています。様々な防災に役立つ情報を、全国どこでも1つの地図上で重ねて閲覧できる「重ねるハザードマップ」と、全国の市町村のハザードマップを閲覧できる「わがまちハザードマップ」があります。

リニューアルポイントの詳細

  1. 地図上での位置指定や住所入力により、任意地点の自然災害リスクをまとめて確認できるようになりました。
リスクをまとめて調べる
 
  1. スマートフォン等のGPS機能を利用し、現在いる位置の防災に役立つ様々な情報を簡単に確認できるようになりました。
スマートフォン
 
  1. 津波浸水想定区域を新たに掲載しました。
津波浸水想定区域

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院
応用地理部 環境地理情報企画官 山本 洋一(直通)029-864-6269
応用地理部 防災地理課長 清水 雅行 電話(直通)029-864-6920
応用地理部 防災地理課長補佐 小島 脩平 電話(直通)029-864-6922
 

ページトップへ