文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ  > 日本列島の地殻変動  > 地殻変動に関する報道発表等  > 2005年発表  > 福岡県西方沖を震源とする地震に伴う地殻変動(第1報)  

福岡県西方沖を震源とする地震に伴う地殻変動(第1報)

発表日時:2005年3月20日(日)18時30分

概要

 国土地理院(院長 矢口 彰(やぐちあきら))は、平成17年3月20日(日)10時53分頃に福岡県西方沖で発生した地震(マグニチュード7.0)について、電子基準点(GPS連続観測点)の15時までのデータ(速報値)を解析した結果、資料-1~3に示すとおり電子基準点「福岡」が南西へ約17cm、電子基準点「前原」が南へ約9cm移動していることなど、福岡県地方を中心に地殻変動が認められました。
 この地殻変動から推定される断層モデルは、資料-4に示すとおりで、長さ約30km、幅約20kmの断層が約0.6m滑ったと推定され、余震域ともほぼ対応します。この断層運動から導かれるモーメントマグニチュードは約6.6となりました。
 なお、これらの解析結果は、即時解析による速報値であるため、暫定的なものです。
 今後も、電子基準点による地殻変動の監視を強化していきます。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土地理院
 <全体>
  企画部           企画調整課長  齊藤 隆   TEL 029-864-4512(直通)
 <GPS連続観測について>
  測地観測センター      地殻監視課長  根本 盛行  TEL 029-864-5971(直通)
 <地殻変動・断層モデルについて>
  地理地殻活動研究センター  総括研究官   村上 亮   TEL 029-864-2477(直通)

ページトップへ