文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 第38回国土地理院報告会開催報告  > 第1部 国土地理院施策報告  

第1部 国土地理院施策報告

地理空間情報による「人に優しく活力ある国土」の実現

国土を支える位置情報の基盤 -電子基準点の現在と未来-

 

衛星測地課長  辻 宏道

【要旨】

 「人に優しく活力ある国土」を支える縁の下の力持ち、電子基準点に関する最新の動向を紹介する。設置から15 年を迎えた電子基準点網は、地震・火山活動の予測に必要な地殻変動のセンサーとして、またGPS 測量や高精度リアルタイム測位を支える基準点として、我が国の位置情報の基盤となっている。平成21 年4月からは精度をさらに高めた位置情報(F3 解) の提供を開始し、地殻変動の監視を強化した。また将来のGNSS 時代を見据えた電子基準点の更新も始まっている。現時点での電子基準点のGNSS 対応化の計画についても述べる。

ページトップへ