文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 第36回国土地理院技術研究発表会報告  > 無線LANとICタグの測位への利用と屋内外のシームレス測位  

無線LANとICタグの測位への利用と屋内外のシームレス測位

地理情報解析研究室 主任研究官 神谷 泉  



 屋外においては、GPSを利用して、多くの場所で測位が可能である。屋内では、GPSのような一般的な測位技術はなく、多くの技術が提案されている。国土地理院では、無線LAN測位をGPSと組み合わせ、屋内外のシームレス測位ができることを示した。さらに、無線LAN測位とGPSの切り替え、あるいは両者で測位しにくい場所においてICタグを併用することにより、測位精度が向上した。現在、測位環境の整備のため、アクティブ型のICタグを組み込んだICタグテープを試作している。


全文 【PDF:675KB】  

ページトップへ