文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 第35回国土地理院技術研究発表会報告  > 国際協働における国土地理院の役割  

国際協働における国土地理院の役割

国際観測企画官  佐藤 潤


 2004年12月26日、インドネシア・スマトラ島沖で発生した巨大地震が全世界に与えた衝撃は記憶に新しい。この地震及び同時に生じた津波により、インド洋沿岸諸国で28万人を越えるともされる犠牲者を生み、おびただしい家屋や生活基盤が破壊された。もし国際的な観測の協力体制が構築されていれば、たとえわずかであっても被害は軽減されていたかもしれない。貴重な教訓を糧として、国土地理院は測量や地図の分野でリーダーシップを発揮し、不断の技術開発を進めていく。そして防災のみならず環境問題や途上国への技術援助を通して、世界の人々の生活の質の向上に貢献していきたい。

ページトップへ